「吠えさせておく」と言う事の大切さ

 2016-06-11
13DSC00252.jpg 

犬が吠えていると飼い主としては、つい、「どうしたの?」とか
「早く吠えを止めなきゃ!」となってしまう事は多いと思います。
でも、その理由が
「自分の思い通りにならない不満」や
「怒り」などから吠えてアピールしている場合、
あえて「放っておく」と言う事も大切だそうです。

「近所迷惑だから・・」とか「周りの人に目が気になるから」と、
犬の機嫌をとったり、食べ物を与えたりしていると、
犬は「吠えれば要求が通る」と思って、
ますます、吠えるようになってしまいますから
犬が外で吠えて困る場合は人の少ない場所に移動して
好きなだけ吠えさせて放っておく・・
家の中なら、一番、奥の部屋に連れて行き、
雨戸も閉めた後、犬だけを置いて部屋から出て行ってしまい、
あとは好きなだけ吠えさせておく・・
と言う対応を続けて行くと、
「吠えても自分の要求は通らない」と気づき、
「何かと言うとすぐに吠える・・」と言う事はなくなると思います。

「いつもいつも、自分の要求が通るわけではない」
と言う大切な事を教えてあげる為にも
「放っておく」と言う事は重要ですが、
「放っておくべき時」と「放っておいてはダメな時」の差が分からない・・
犬の気持ちが読めない・・理解できない・・
分かってあげられない自分のふがいなさ・・など、
不安や自責の念から、ついつい、放っておけなかったり、
あるいは、放っておく・・となると、
今度はサポートするべき時も放っておいてしまったりと、
難しい部分はあると思いますが、目安としては、
犬が飼い主さんの方を見ながらイタズラをしたり、
困ったフリをしたり、吠えていたりする場合、、
意識がこちらに向いているので、アピールの可能性が高いですが、
犬が飼い主さんどころではなく、
本当に困っているようだったら助けてあげる・・
と言う風に考えてみるのも良いかもしれません?

勿論、この辺りはとても微妙で、
環境や状況で対応の仕方が変わってきますので、
犬の行動を観察し「どうしてその行動をするか?」と、
犬の行動の目的を考えて行くと、
見えて来る事も多いのではないかと思います。

その為には「観察する事」と、
「犬の行動の目的を考える事」を意識し、
自分の中の「不安」としっかりと向き合う事も大切です。

人間の子供も小さい頃は泣きじゃくります。
でも、だからと言って母親がいつもいつも、要求に応えていたら
子供は「泣けば良い」と考える子になってしまいますし、
かと言って、泣いても放っておかれてばかりでは、
人間に対する「基本的信頼感」は育ちません・・

では、母親はどうするか?と言いますと、
多くの場合、子供の気持ちを受け止めたり、
放っておいたりしながら試行錯誤して行くしかない・・
母親だから子供の気持ちが分かるか?と言うと、
分かっていたら子供は泣きじゃくりませんから、
分からないのが普通・・
マニュアルなどはなく、ある意味、子供次第・・と言うか、
子ども自身、自分の感情をコントロールできてはいないのですから、
イライラしたり、悲しくなったりしながら、
そうした中で子供とお母さんの中でのルールが作られて行く・・
と思いますから
「飼い主だから犬の気持ちが分からなければ」と気負わずに、
犬のワガママに付き合いながら、
少しずつ、自分と犬の中のルールを作って行ったり、
要求の正しい表現方法や感情のコントロールの仕方について、
一緒に考えて行ってあげるのが良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
くろックCute DC01

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム