犬との生活について考えてみる

 2016-06-06
09DSC00251.jpg 

「犬の幸せ」を考えて行くと、
最終的には「飼い主さんがどう生きて行くか?」
に繋がって行くのではないかと思います。

でも、実際はあまり深く考えないまま、
これまでの生活の中に犬がプラスされた・・とか、
犬のお世話をしている中で
なんとなく、今の暮らしに落ち着いて行った・・
と言う感じだったりするのが普通だと思います。

しかし、あまり考えないまま犬を育てていると、
犬をいつ褒めて、いつ叱るか?と言う基準が曖昧になってしまったり、、
「どう言う子に育てたいか?」と言う目標が
ブレてしまう事もあると思います。

勿論、深く考えない事で肩の力が抜けて、
のびのびと犬を育てる事もできると思いますが、
褒める基準、叱る基準が曖昧で目標も特に無い・・・
と言う場合、犬を「結果」で評価をする事はできても、
「過程」を大切にする事ができない・・
「できる」と「できない」の間の
犬の「頑張り」に気づいてあげる事ができず、
結果として、犬も頑張る事に意味を見出せずに止めてしまい、
飼い主さんが褒めてくれる事は行動できるが、
新しい事に挑戦しようとはしない子に
なってしまう事もありますので注意が必要です。

つまり、一番、問題なのは、飼い主さんが
「犬がどう育って行くか?に興味がない」
と言うケースだと思います。

「犬が今後、どう育って行くか?」よりも、
「今の自分の不安を生める為の育て方」
を重視すると犬にのめり込んでしまいますし、
逆に「犬がどう育って行くか?」に興味が無さ過ぎても、
犬との関係性は離れてしまいますので、
近すぎず・・遠すぎず・・距離感をしっかりと保つ為にも
「犬がどう育って行くか?」を常に考えながら
犬を育てて行くのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫