犬の自分と似ている部分に腹が立つ?

 2016-06-04
06DSC00224.jpg 

「犬と飼い主は似る」と言いますが、
どうして血のつながりもない犬と飼い主さんが似るか?と言うと、
犬が飼い主さんの生活スタイル・・環境や生活習慣に影響を受け、
飼い主さんとの暮らしを通して、判断や価値観・・
ルールなどを学んでいるから・・と言うのはあると思います。

しかし、良い部分が似るならまだしも、
悪い部分が似ている場合、
「それをどうにかしたい」と思うか?
「自分と同じだから仕方が無い」
とあきらめてしまうか?
その判断によって、克服に進むか?
それとも、後回しになって現状維持になるか?
が決まる事は多いのではないかと思います。

「引っ込み思案で犬を見ると逃げてしまう・・」
あるいは、
「他の犬が何かしていると、すぐに顔を突っ込みたがる・・」
などの犬の行動を見た時に「似ているから腹が立つ」と言う場合、
それは、犬に腹を立てているのではなく、
自分のダメな所・・自分の問題や欠点を
突きつけられているように感じるから腹を立ててしまう・・
と言う事も多いみたいです。

しかし、そうした飼い主さんの焦りが冷静な対処をできなくさせ、
犬に正解を教える事が難しくなってしまいますので、
何度、叱っても行動が変わらない場合は、
「犬にどうして叱られているか?を理解させられているか?」
「では、その代わりにどう言う行動をしたら良いか?」
を教えられているか? あるいは、
「飼い主の気を引こうとして犬がわざとやってはいないか?など、
焦る気持ちをコントロールして、
冷静に犬を観察してみるのも良いのではないかと思います。

逆に、自分と重なる部分を見て
「仕方が無い」と思ってしまう場合、
本当に仕方が無い事なのか?
と考えてあげる事も大切だと思います。

「自分と重なる部分」と言う事は、
自分自身、ずっと後回しにしてきた事だと思うので、
「仕方が無い」で終わらせない為には
自分と向き合う必要があり、それが嫌で
「仕方が無い」で済ませてしまう事もあるかもしれませんが、
「自分が無理な事はこの子も無理」と決め付けて、
犬の可能性を否定してしまうのは残念な事なので、

「少し、頑張れば教えてあげられるのではないか?」
「少し、持続して導いてあげれば行動に変化が起きるのではないか?」

ーと、無理の無い範囲で犬にやらせてみつつ、
一緒に楽しく苦手を乗り越えて行く作業を
行ってみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫