犬を育てる時の目標をどこに置くか?

 2016-06-01
03DSC00230.jpg 
犬のしつけを考えた時、
「他人に迷惑をかけないよう、
 ルールやマナーをしっかりと教え、
 他の子と同じような事を
 できるようにさせてあげる事こそが飼い主の役目」
と考えて育てるか?
あるいは、
「明るくて元気ならばそれで良い」
と思って育てるか?
によって、犬の育ち方は大きく変わってくると思います。

「では、あなたはどちらですか?」と言われれば
両方だとは思いますが、どちらかと言うと・・
「自分の犬が他人に迷惑をかけないようになって欲しい・・」
「他の子と同じような事ができるようになって欲しい・・」
と言う割合の方が強いのではないかと思います。

勿論、人間社会の中で暮らして行くのですから、
そうした事は大切です。
でも、その割合があまりにも強い場合、
ちょっと問題かもしれません?

なぜなら「他人に迷惑をかけないように」とか
「他の子と同じように」と言うのは、
自分の犬の育て方を
他人の物差しで判断している事になるからだそうです。

犬が吠えた時、
「うるさい」と迷惑がる人も居れば、
「元気ね」と喜ぶ人も居ますし、
全く、気にしない人も居ます。
「迷惑の基準」なんて曖昧なものですし、
また、「他の子と同じように」と言っても、
他の犬を見てご挨拶に行く子も居れば、
飼い主さんのそばで
ジッと大人しくしている子も居て、
どちらが良いか?と言われれば、
公園では、他の子にご挨拶に行く子が喜ばれますが、
ドッグカフェでは飼い主さんのそばで
ジットしている子が喜ばれますし、
その都度、「あの子のように」と他の子を羨んで
「ああなりなさい」と望まれるとしたら、
犬としては辛いと思います。

勿論、「明るくて元気ならばそれで良い」と言って、
犬を放任して何も教えない・・
犬が困っていても助けもしなければ、
犬が他の犬に迷惑をかけていても気にしない・・
自分と自分の犬だけが楽しければそれで良い
と言うのも違うと思いますが、
他者の顔色や価値観に左右されてばかりではなく、
自分と犬なりの「楽しい」や「幸せ」を
探してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫