「どうでも良い人」にならないように

 2016-05-31
02DSC00189_20160601164753b0f.jpg 
行動の問題が激しい・・と言う犬も多いですが、
その中には、飼い主さんに正解を教えてもらえないまま、
「ダメ」とか「イケナイ」と言う、
否定の言葉ばかりを言われてきた為だったり、
逆に「可哀想、可哀想」と飼い主さんが助けてばかりだったりと、
「もう、何がなんだか分からない」と言う理由で
パニック状態になっている子も多かったりします。

そうした子達も飼い主さんが変化し、
「ダメ」や「イケナイ」と言う否定の言葉を減らし、
助けてばかりではなく、
きちんと「正解」を教えてあげるようにした事で、
色々な事を理解できるようになり、
少しずつ落ち着きを取り戻して、
行動の問題が無くなって行く・・と言う事も多いです。

今までは、怒っても無視をしたり、
あるいは、抱っこをしたりして助けてあげても
飼い主さんの言う事は聴かない・・と言う状態だったのが、
少しずつ、飼い主さんの言う事も聞くようになってくれた・・

飼い主さんとしては、
「凄く良い子になった!」と喜びますが、
実際にそうなのかどうか?は少し注意が必要かもしれません?

おやつがあれば言う事を聞く・・
簡単な事は言う事を聴いてくれるけど、
面倒くさい事は言う事を聴いてくれない・・

「それでも、以前と比べたらマシ」と、
その関係性で満足をしてしまう飼い主さんも多いですが、
色々な事を理解し、自信がついた事で
飼い主さんの事を軽く見始めてきている・・
と言う事もありますので注意が必要です。

もっと分かりやすく・・
ストレートに言うと「裏表のある子」に
なってきているのかもしれないそうです。

自分にメリットがある時は媚びて甘え、
自分の嫌な事は聞こえないフリをしてやり過ごしたり、
怖い人の前では言う事を聞くけど、
飼い主さんの言う事は聴かない・・
など、まぁ、それが普通ですし、
頭を使っている証拠でもあるのですが、
それが、あまりにも激しい・・・

人間の子供も中学生ぐらいになると、
相手によって態度を使い分けます。
それはそれで良いのですが、
仲の良い友達など、自分が信用し、
信頼している人には自分の気持ちを分かって貰いたいと思い、
言い争いをする事はありますが、
学校の先生など、どうでも良い人ほど、
素直に言う事を聞いてやり過ごしたり・・

つまり、犬にとって
飼い主さんがすでに抵抗や反抗の対象ですらない・・
と言うのが、一番、怖いですから、
傷つくのを恐れて本音をぶつけ合わない関係性が
本当に自分の求めている関係性なのかどうか?
もう一度、考えてみるのも良いのではないかと思います。

まぁ、ある意味で、
「自分の前では悪い子でも良いけど、
 その代わり、外へ行ったらイイ子で居てね」
と言う気持ちが飼い主さんの中にあるからかもしれませんが、
それこそ「裏表があっても良い」と、
飼い主さんが心のどこかで認めているから
望みどおり「裏表のある子」に育っている・・
と言う事もありますので、
犬とのより良い関係性を望むのであれば
「それではダメだよ」と言う態度をしっかりと示してあげるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫