「情緒」は飼い主さんとの暮らしの中で

 2016-05-12
DSC00057.jpg

ドッグトレーナーさんは色々な知識やスキルを教えてくれたり、
犬を育てる事に関するアドバイスをしてくれたりはしますが、、
「情緒」
「体調」
「親和」
に関しては、飼い主さんと犬との
日々の積み重ねが重要となってくるのだそうです。

まぁ、「体調」は獣医さん・・
「親和」は周りの飼い主さんや
犬達に協力をお願いする事もできますが、
「情緒」に関しては、
飼い主さんにしかできないと言っても良いそうですので、
「情緒」の安定を目指し、
犬の表情や行動などをよく観察されてみるのも良いと思います。

ちなみに犬の「情緒」が不安定になると、
どんな行動に出るか?と言いますと、
身体をかいたり、
手足を舐め続けたり、
ジッとする事ができずに動き回ったり、
飼い主さんと目線を合わせなかったり、
言う事を無視したり、
何かに強く執着したり・・
・・などの行動をする事があります。

ただ、それでも、犬が楽しそうにしていれば良いのですが、
覇気がなかったり、暗く、不機嫌そうにしていたり・・
ーと、表情も沈んでいたりする場合、
「行動の問題をなんとかしよう」と言う前に
「情緒」を安定させてあげる方が先決だと思います。

また、「情緒が不安定」な原因として多いのが、
「愛情不足」だったりしますので、
犬からのアプローチをしっかりとキャッチしてあげ、
「甘え」の欲求を満たしてあげる事も大切だそうです。

・・とは言え、「情緒」は日々、変化します・・
今日、犬が凄く楽しそうにしていたからと言って、
「もう安心」と言う事ではなく、
飼い主さんの心の変化や接し方の変化・・
犬の心の変化や行動の変化など、
お互いの関係性の中で影響を受けたり与えたり・・・
安定したり不安定になったりしますので、
「安定しているから」と関心を薄めたり、
「不安定だから」と過干渉にならないようにしつつ、
犬と自分の「情緒」を冷静に観察する。

笑顔で優しく話しかけてあげる
一緒に遊んであげる
優しく撫でてあげる

そんな風に実際に触れたり、撫でたり、笑顔で話しかけたり・・
と、優しく包み込んであげるような
接し方を心がけてあげる事で
犬の「情緒」は安定して行くと思います。(^▼^)ノ

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫