知識やスキルよりも

 2016-05-11
DSC00051.jpg

「犬のしつけ」と言うと、
「オテ」や「オスワり」を教える事・・
あるいは「犬を見ても吠えないようにトレーニングをする事」など、
「学習」や「練習」をする事を「しつけ」と呼ぶ事が多いですが、
「知識」や「スキル」を重視するあまり、
その基本となる「土台作り」がないがしろになってしまっていると、
「学習」や「練習」が上手く行かない・・
と言う事もあるそうですから注意が必要です。

では、基本となる「土台」を作る為には何が必要か?と言いますと、
「情緒」
「体調」
「親和」
が重要だそうです。

「情緒」は犬の「好奇心」や「感受性」を大切にしてあげたり、
自分の気持ちや感情をコントロールできるようにしてあげる事で
「体調」は犬の健康管理や犬が自分自身で
体調のコントロールをできるようにしてあげる事を言うそうです。
「親和」は飼い主さんは勿論、他の人や周りの犬達とも
仲良くできるようにコミュニケーションの仕方を
教えてあげる事だそうですが、
「犬のしつけ」と言うと、こうした「土台作り」をしないまま、
社会化やコマンドトレーニングをしてしまう為、
難易度が高くなる程、犬は自分の感情をコントロールできなくなり、
飼い主さんもまた、そうした犬をコントロールしきれなくなってしまったり、
あるいは「親和」を重視しないまま、
ドッグランで他の犬に追い掛け回されたりした事で
コミュニケーション自体に嫌なイメージを持たせてしまう事もありますから、
土台作りは大切だと思います。

まぁ、人間だって、小さいうちは「自我」が弱く、
親に言われるがままに勉強したり、スポーツをしたりはしますが、
「土台作り」をしてこなかったばかりに「逆境」に弱く、
心配や不安に押しつぶされて結果を出せなかったり、
あるいは、友達関係で良い関係が作れなくて
「知識」や「スキル」を発揮する機会が減ってしまう・・
と言う事もありますから、
「知識」や「スキル」は後からいくらでも教えられる・・ぐらいの気持ちを持って、
まずは「情緒」「体調」「親和」を重視してみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫