興味の対象は?

 2016-05-07
16DSC00102.jpg

犬の困った行動を見た時、
つい、「どうしてそう言う事をするの!?」
と思ったり、言ってしまう事はあると思います。

でも、その言葉を発した時の
自分の気持ちを思い返してみるとどうでしょう?

犬の考えや気持ちに対してその言葉を発したのか?
それとも、
犬の行動に対してその言葉を発したのか?

もし、自分を困らせる「犬の行動」に対しての場合、
犬が感じるのは、
「あなたはどうして私を困らせるの?」と言う批判の言葉です。

そうして、飼い主さんが
「自分を困らせないで」と言う気持ちばかりを優先し、
その行動をした犬の気持ちに興味を持てない・・
その行動をした犬の立場に立って考えてあげられない・・
その行動をした犬なりの理由を知ろうとも思わない・・
としたら、犬だって
自分の気持ちを理解しようとはしてくれないのに、
自分の意見ばかり押し付けてくる飼い主さんの事が
嫌になってしまうのではないかと思います。

そもそも、
「どうしてそう言う事をするの!?」
と言う質問自体、意味の無い質問だそうです。

なぜなら「してはいけない」と言う事が分かっていないから
やってしまうのかもしれませんし、
分かっているのにやってしまう場合は、
飼い主さんに対して何かしら伝えたい事があるのだけれど、
飼い主さんは自分の興味のある事にしか関心が無く、
分かろうとしてくれないから気を引きたい・・
分かって欲しいと思ってやっているのかもしれませんから、
「自分を困らせる行動」に対してのみ興味を持つのではなく、
犬の表情や行動を良く観察し、
犬の考えや気持ちに興味を持ってあげて、
「○○だったんだね」と共感の言葉・・
「あなたの気持ちは理解しているよ」と伝えてあげるのと、
犬も少しずつ、飼い主さんの言っている事を理解してくれるようなり、
行動の問題も解決されて行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫