期待をされるのも、失望されるのも嫌だけれど・・

 2016-05-01
10DSC00388.jpg

「私なんて・・」とネガティブ思考の飼い主さんは多いです。

自分でもネガティブ思考は良くないと思いながらも、
なかなか、ネガティブ思考を止められない原因として、
「積極的に行動して失敗をしたら・・」とか
「ミスをして責任を取らされたり、怒られたりしたら・・」と、
不安や心配が浮かんでしまい、
積極的に行動する事ができない・・と言う事もあると思いますし、
自分で「自分をダメ」だと思っていれば、」
できなくても、自分で自分に期待をしていないので、
それほど落ち込む事はないし、
誰かに期待される事も無くなる・・

また、「どうせ私は・・」とネガティブ発言をしていれば、
誰も、もうそれ以上、自分の事を悪く言ったり、
責めたりはしなくなるし、逆に優しくしてくれたりして、
ネガティブ思考の方が自分にとって心地良いし、
メリットが高いから止められない・・
と言う事もあるのではないかと思います。

つまり、
「ネガティブだからネガティブ思考が止められない」のではなく、
ネガティブ思考で居た方が楽だし、メリットがあるから
ネガティブ思考を止められない・・と言う事も多いそうです。

そして、そう言う人の犬もまた、ネガティブ思考な事は多いです。

ネガティブな飼い主さんは、自分の犬が積極的に行動し、
何か問題を起こして責任を負わされる事を避けるので、
犬の積極的な行動を褒めたりはせず、
逆に自分の犬のネガティブな部分に共感を覚えて、
その行動を肯定するような態度をしてしまうので、
犬もネガティブな方が楽だしメリットがある・・
と思ってしまう事も・・

また、自分が期待をされる事を凄く嫌がる為、
自分もまた、犬に対して期待をしないようにしてあげる・・
それは良い面でもあるのですが、
「期待をしない」と言う事は「できる」と信じてあげないワケですから、
犬ができるようになるサポートをする事もありませんし、
できない事をできるようになるとも思っていないし、
自分ができるようにさせてあげられる・・とも思っていない為、
犬もできる事はできるけど、できない事はできない・・
と、「できない事ができるようになる」
と言う発想すら持たない子にさせてしまう事は多いです。

そうして、飼い主さんがネガティブ思考に心地良さやメリットを感じ続けていれば、
犬のポジティブな面に共感したり、肯定したりはできないと思いますから、
自分の犬に積極性を持たせてあげたいのであれば、
まずは自分が積極的に行動してみる・・・

そもそも、「ネガティブ思考」の原因が、
「周囲の人が自分の事をどう思っているか?」とか
「自分に期待されるのも失望されるのも嫌」とか、
「そんな自分自身に期待するだけの自信がない」からだとしたら、
まずは「誰にどう思われても良い」と考えるようにして、
重い鎖を断ち切ってみるのも良いと思います。

周りの人の期待に応えようとするから辛くなるワケですし、
どんなに頑張った所で、自分の事を誰がどう思うか?
なんて事まではコントロールする事はできないのですから、
誰かに気に入られる事を目指す人生よりも
自分の人生を楽しんだ方が良いと思います。

その為にはまず、「思考の習慣」を少しずつ変えるようにしてみる・・
物事には必ず、良い面と悪い面がありますから、
例えば、自分の「犬が引っ込み思案」だとしたら、
「意気地が無い」と思うのではなく「思慮深い」と思うようにするなど、
悪い面ばかりを見るのではなく、
その反対側にある「良い面」を探してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
くろックCute DC01

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム