沢山の飼い主さんと話してみる

 2016-04-10
04DSC00007.jpg

4月10日は、sideWANさん主催のお散歩研究会が行われました。

お散歩会はこれまでも、あちこちで行われてきましたが、
中には、「うちの子なんて無理・・」と、
スタートラインに立つ前から
自分と自分の犬に対して「×」をつけてしまう
飼い主さんも居たりしました。

しかし、そもそも犬も飼い主さんは皆、環境や状況が異なりますし、
スタートする位置も・・目指すべきゴール地点も違うのですから、
他の子や他の飼い主さんと比べても意味がないですし、
大切な事は、自分だけの基準や判断だけで犬の事を見るのではなく、
自分の犬は何が好きで、何が得意でどう言う事に興味を持っているか?
と言う事をみんなと居る中で観察し、
現状を把握する事が大切ではないかと思います。

飼い主さんが独自の基準で犬の事を判断していると、
基準や評価が厳し過ぎる事にも気づかないで、
犬は高すぎるハードルを前にやる気を失わせてしまうかもしれませんし、
飼い主さんの基準や評価が甘すぎて、
まだまだ、伸びる犬の成長を足止めしてしまう事もありますから、
多くの飼い主さんと会話をし、
沢山の基準や評価の中から自分なりの基準や評価を選び、
犬に対するハードルの高さを調整してあげるのも
良いのではないかと思います。

飼い主さんは犬を守る役割もありますが、
同時に「コーチ」として犬の現状を把握し、
情報や環境を与えつつ、犬の可能性を伸ばしてあげる事も
大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫