犬は兄?姉?弟?妹?

 2016-03-08
DSC01269.jpg

「相性の良しあし」を決める要素として
「甘えの原理」と言うのがあるそうです。

それは何か?と言いますと、
「甘える立場で居たい」と願う末っ子は、
「甘えさせたい」と願う長子との相性が良い・・
と言う考え方だそうです。

逆に末っ子同士の場合、
お互いに「甘えたい」と願うものの、
「甘えさせる事」が苦手なのでうまく行かない・・
と言う事も・・

まぁ、合っているような・・
合っていないような・・と言う感じですが、
「甘えの原理」で考えると、
親が自分の子供に対し、
「上の子が可愛いと思えない」とか
「下の子を甘えさせ過ぎているかもしれない」
と言うのにも理由がつけられるのだそうです。

「末っ子」として生まれた親は、
自分が「兄」や「姉」に甘えて育ってきたので、
自分の子供に対しても「兄」や「姉」である事を望み、
頼りにしてしまう事は多いのだそうです。
子供が一人の場合はそうでもないのですが、
下の子が生まれ途端、
第一子に「兄」や「姉」の役割を押し付けてしまう事もあるそうなので、
長子がその期待につぶされないよう、
自分の中にある無意識の「期待」について、
気づいてあげる事も大切みたいです。

逆に「長子」として生まれた親は、
自分の子を甘やかしたいので、
一人っ子の場合は良いのですが、
二人目が生まれて、一人目が自分と同じ長子になった時、
「自分もそうしてきたのだから」と、
「長子」である事を望み、その辛さや苦しさを理解しようとしない・・
と言う事もあるそうですし、
逆に「末っ子」として育った親は、
「長子」ばかりを可愛がり、
自分と同じ「末っ子」に対して「甘えさせる」と言う事をしない為、
「末っ子」が愛情不足を感じてしまう・・
と言う事もあるのだそうです。

まぁ、勿論、全てがそうだとは思いませんが、
親が自分に対して厳しかった場合、
同じ「長子」だから「厳しく接しても大丈夫」だと思ってしまったのかな?
とか、
同じ「末っ子」だから「甘えさえる」と言う事が下手だったのかな?
と、考えてみるのも良いみたいですし、
自分は自分の犬に対し、
「兄」や「姉」・・「弟」や「妹」で居る事を
無意識に押し付けてしまってはいないか?
と考えてみる事も大切みたいです。

自分が長子として育ったから、
自分の犬に対しても「長子」を求めて厳しく接してしまったり、
逆に「末っ子」を求めて愛情過多になってしまったり・・
「末っ子」として育ったから、
自分の犬に「長子」を求めて頼りにし過ぎてしまったり、
あるいは、末っ子同士を感じて依存する事を許さなかったり・・

ちなみに「一人っ子」の場合、
甘える事も甘えさせる事もあまり経験してしない事も多いそうですので、
犬を頼りにして見守り過ぎたり、
犬の後について行き過ぎてしまったり、、
あるいは、甘えが足りないと感じたら、
「しっかりと甘えさせる」と言う事を心がけてあげたり、
「教える」と言う事について考えてみたり・・
と、飼い主さんは「コーチ」としてバランスを考え、
接するようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
くろックCute DC01

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム