できない目標は立てない

 2016-01-15
DSC01964.jpg

犬の飼い主さんの中には、
「努力をしているにもかかわらず結果が出ない」と悩み、
「自分はダメな飼い主なのではないか?」と、
自分自身を否定してしまう方も多いみたいです。

しかし「努力をしているにもかかわらず結果が出ない」と言っても、
努力をしていれば必ず結果に結びつくと言うわけではありません・・・
例えば「空を飛びたい」と思っても
毎日、毎日、高い所からジャンプをしていれば飛べるようになるか?
と言うと、飛べるわけはなく、
飛ぶ為には「ハンググライダー」のスクールに通ったり・・と、
現実的な目標を立て、そこへ至るまでの道筋を考える事が大切になってきます。

ですから、「お散歩中に犬が吠えて困る」と言う場合も、
まずは、犬がどうして吠えるのか?と言う理由を考え、
その原因を取り除く為にはどうしたら良いか?と言う感じで理論的に・・
段階的に考えて行く必要があるそうです。

しかし、飼い主さんが結構、やってしまいがちなのが、
「お散歩中に犬が一回でも吠えたら失敗」と言うような目標を立ててしまう事・・

犬を見ると吠える・・
人を見たら吠える・・
そう言う習慣が身についてしまった犬の場合、
「一回も吠えさせない」と言う目標を達成するのは難しいので、
結果として「できなかった」と言う失敗ばかりを積み重ね、
自信を失い、「犬を育てる」と言う事に対して後ろ向きになってしまうと言う事も・・

でも、それは「できない」とか「ダメな飼い主」と言う事ではなく、
「目標の立て方」に問題があるだけですから、
焦らずに自分と自分の犬に実現可能な小さな目標を作り、、
「成功体験」を積み重ねて行く・・
と言う「習慣作り」からはじめてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫