「一人遊び」ばかりをやらせない

 2016-01-13
DSC00035.jpg

子供がゲームばかりをしていると、
「ゲーム脳」と言って
「ゲームの事しか考えられなくなる」とか
「ゲームと現実の区別がつかなくなる」とか
「暴力的になる」などと言われる事がありますが、
実際はゲームが脳に与える影響など分かってはいませんし、
そもそも「ゲーム脳」と言う言葉も「造語」で、
医学的・科学的に証明されたものではなく、
「ゲーム脳」を提唱した森昭雄さん自体、
脳神経学の専門家ではありませんし、
マスコミとゲームに否定的な人達が便利に使っているだけで、
根拠も滅茶苦茶な「ニセ科学」だそうですので、
そう言う事を調べもせず、
何かと言うと「ゲーム脳、ゲーム脳」と「ゲーム脳」を持ち出して
他の根拠を考えられなかったり、
「ニセ科学」と「本物の科学」の区別がつかなかったり、
「ゲーム脳になるよ!」と、子供の意見を聞かずに
力と威圧で一方的にゲームを止めさせてしまうとしたら、
そっちの方がよっぽど「ゲーム脳」の定義に
あてはまってしまうような気もしてしまいます。

まぁ、子供がゲームばかりをしていると、
「外で遊ぶ機会が減る」とか
「子供同士のコミュニケーションが減る」
などと言われますが、
実際は外で友達と携帯ゲームを通じて遊んだり、
ゲームの話を通してコミュニケーションをしたり・・
と言う事もありますので、
ゲームが悪いと決め付けるのは違うと思いますし、
それよりも問題なのは、
親が子供にゲームを与える事で親子間の会話が無くなる事だそうです。

電車やバスでの移動中、
「子供が騒ぐから」と子供にゲームを与え、
親は雑誌やスマホをいじり、子供はずーっとゲームをしている・・
家の中でも親はテレビを見て、子供はゲームに夢中で
子供が何を考え、何を求めているのか?
と言うような深い会話をせず、
一緒に家事や遊びをするなどのコミュニケーションもしなければ、
子供も他人とのコミュニケーションが苦手になりかねないそうです。

そう言った意味では、子供が他者とのコミュニケーションスキルが低いとしても、
それをゲームのせいと決め付けるのは違うのではないかと思いますし、
そもそも、ゲームと言うのは基本的に「一人遊び」がメインです。
だから、親が「疲れているから・・」と、
子供に一人遊びを推奨しておいて、
子供が一人遊びばかりをして友達と遊ばない・・
外に行かない・・と文句を言うとしたら、
それは、ちょっと違うのではないかと思います。

それは犬に対しても同じで、
飼い主さんが忙しいからと、犬にオモチャを与え、
「一人遊び」ばかりをさせて、自分は遊んであげようとしなければ、
犬は「他者と遊ぶ」と言う楽しさを知らないまま育ちますし、
「どうやって遊んだら良いか?」と言うコミュニケーションの仕方も学べないので、
いざ、ドッグランなどで他の犬と関わりを持つ機会を与えられたとしても、
「他者と遊ぶ」と言うコミュニケーションの仕方が分からないので、
他に犬がどれだけ居ても一人遊びをしてしまったり、
逆に相手の気持ちを読めない・・
自分勝手な振る舞いをして嫌われたとしても、
それは仕方のない事だと思います。

でも、だからこそ、普段の生活の中において、
ルールやマナー、遊びを通して、
自分の中の感情を表現したり、抑えたりする事を教えてあげ、
「一緒に楽しむ」と言う経験を積ませてあげるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫