一緒に居る時間よりも相手に対する興味とコミュニケーションを大切にする

 2016-01-12
07DSC00296.jpg

飼い主さんが仕事を持っていたりすると、
「犬と関わる時間がない・・」と、
不安になってしまう事も多いみたいです。

でも、24時間、犬と一緒に過ごしている
犬と飼い主さんの関係性が必ずしも良好か?と言うとそんな事もありませんし、
「犬を育てる」と言う事は、
飼い主さんが自分の時間とエネルギーを全て犬の為に注ぎ込む・・
と言う事ではなく、
飼い主さんと犬が共に暮らし、共有して行くものだと思いますから、
時間の長さを考えるよりも自分が何を考え、
どう生きていくか?が大切になってくるそうです。

犬の為に何ができるか?
それは、とても難しい問題だと思いますが、
何から何までやってあげる事が犬の為になるか?
と言うと違うような気はします。

人間の場合でも、成人になっても炊事、掃除、洗濯の仕方を知らない・・
と言う人は多いそうです。
親が手をかけ過ぎて、自分の事なのに自分でできない・・と言うのは、
ある意味、とても生き辛いと思いますので、
お互いの時間を作りつつ、教え、やらせてみる・・
と言う事は大切だと思います。

また、一緒に居る時間があっても、
一緒に居るだけで犬の事を見ていない・・
犬が何を考えているのか?について興味がない・・
と言うのも問題だそうです。

飼い主さん自身が犬に興味を持っている時はあれやこれやと干渉するのに、
飼い主さんが他の飼い主さんと話したり、
ショッピングに夢中になっていたりすると、
途端に犬への関心は失われ、
犬が何をしているのか分からない・・
それでは、犬もまた、飼い主さんに対する関心を失い、
自己中心的な犬になってしまいますから、
飼い主さんがもし、自分は話に夢中になると自分の事ばかりを話してしまう・・
とか、
逆に人と話す時、聞き役に回ってばかりで
自分の気持ちや考えを言うのを止めてしまう・・
と言う自覚がある場合、、
双方向のコミュニケーションをしているようで
実は一方通行のコミュニケーションになってしまっているかもしれませんから、
自分の話しばかりでは無く、相手の話を聞くようにしたり、
逆に相手の話を聞くばかりではなく、自分の気持ちを相手に伝えたりしてみるのも、
今後の犬との生活においてプラスになるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫