犬への気持ちを明確にする

 2015-12-30
DSC00010_201512302204374b5.jpg

周りに犬が居ても全く気にせず・・・
犬同士の挨拶もしないで
自分が気になる事だけをしている自己中心的な犬・・

そうした犬の行動に飼い主さんは悩みを抱えますが、
どうして犬の行動が変わらないのか?と言いますと、、
実は飼い主さんが無意識にそうした行動を望んでいるから・・
と言う事も多かったりしますから注意が必要です。

ちなみにそうした行動をする犬と比べて飼い主さんの方はどうか?
と言いますと、実は周りの人の顔色をうかがい、
自分の思った事を言えず、思ったような行動もできない・・・
と言うケースは多かったりします。

そんな風に飼い主さん自身が周囲を気にしてばかりいる自分の事が嫌なのか?
だからこそ、自分の犬に対しては「そうなって欲しくない」と望む為か?
結果として、周囲を気にせず、他の犬を見ても挨拶もせず、
飼い主さんの言う事すら聞かない犬になってしまう事は多いですが、
ある意味、それは、飼い主さんの望み通りの子に育っている・・
とも言えると思います。

勿論、飼い主さんは無意識にそう望んでいるだけで、
気持ち的には、周囲に気を配り、ルールやマナーを守ってほしい・・
と思っていると思います。
しかし、それが逆に犬には分かり辛く、
「どっちを望むのか?」と飼い主さんに対して
不信感をつのらせてしまう事もあったりしますので
自分の気持ちをもう1度、再確認してみる・・
と言う事も大切だと思います。

飼い主さんが人見知りだったりすると、
「この子も犬に興味がなさそうだから
 ご挨拶ができなくても仕方がない」とか
「犬を見て怖がるのなら無理強いはせず、
 そのうち、ご挨拶ができるようになれば良い」
と思ってしまう事は多いですが、
それでも、他の犬と仲良くして欲しいと望むのであれば、
「のびのびと育つのは良いけれど、
 きちんとご挨拶をする事は大切」と強く意識し、
飼い主さんが自覚し、本気で望む事が大切だそうです。

犬は飼い主さんの気持ちや考えを観察しています。
飼い主さんが無意識にでも
「仕方がない」とか「しなくても良い」と思っていれば、
犬はそれを敏感に察知してやらない方向で動きます。

でも、逆に言うと、飼い主さんが強く望めば、
犬は飼い主さんの意向を汲み取って
頑張る方向で動いてくれると思いますので、
まずは飼い主さんが「どう言う子になって欲しいか?」
を明確に意識するようにする事から
考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
くろックCute DC01

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム