人も犬も失敗から学んで行く

 2015-11-10
DSC08206.jpg

意外と多くの飼い主さんが、
自分の犬に対して失敗をしないように・・
失敗をさせないように・・と先回りして、
過干渉気味にサポートしてしまう事は多いように感じます。

それは、もしかすると失敗はダメな事だから・・
なるべくならなら、一度も失敗をさせないまま、
成功体験だけをさせてあげようとしてしまうからかもしれませんが、
失敗をする事ってそんなにダメで悪い事なのでしょうか?

人間だって失敗をします。
特にはじめての事は失敗して当たり前ですし、
失敗を繰り返す事によって「どうしたら良いか?」を考え、
徐々に失敗しないようになって行くと思いますが、
自転車に乗れるようになると
乗れなかった自分を忘れてしまったり、
箸を使えるようになると、
箸を上手に使えなかった頃の自分を忘れてしまうように
失敗しなくなると、今度はできない・・わからない人に対して、
なぜ分からないのか?
どうしてできないのか?
が分からなくなる・・と言う事はあったりしますので注意が必要です。

中には犬が間違ったり、失敗したりする度に怒鳴って怖がらせる・・
と言う飼い主さんも居たりしますが、
犬ができない・・分からないのは、
まだ、「知らない、できない、分からない」からかもしれません?
飼い主さんだって、犬の育て方で悩み、
トレーナーさんの所へ教わりに行ったら、
間違えたり、失敗する度にイライラした態度をされ、
大声で怒られる・・なんて事をされたら、
怖くてすぐに止めたいと思うでしょうし、
「こっちは分からないから教わりに来ているのに、
 知らないとかできないとか分からないを
 理由に怒られるなんて理不尽だ!」
と思うかもしれません?
でも、それは犬だって同じだと思います。

勿論、失敗や間違いは正していかなければなりません。
でも、その為に怒鳴りや恐怖は必要がなく、
ただ、ひたすら「こうしたら良いよ」と、
教え続けてあげるのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫