社会性も大切だけど

 2015-09-12
DSC01786.jpg

人間は大丈夫なんだけど、
犬を見ると吠えてしまう・・
犬を見ると逃げてしまう・・
と言う悩みを抱えられている飼い主さんも多いと思います。
そんな時、自分の犬が相手の犬に対して
「攻撃行動」をしてしまうと「ウチの子は気が強い」
「逃避行動」をしてしまうと「ウチの子は気が小さい」と、
二択で決め付けられてしまう事も多いですが、
実は「気が強い」わけでも「気が弱い」わけでもなく、
単に経験値が少ないばかりに極端な行動に出てしまっているだけ・・
と言う事も多いですので、
なるべく「決め付け」はしない方が良いと思います。

逆に犬を見ると尻尾を振って寄って行く・・
相手の犬とご挨拶をするまで、地面に伏せて動こうとしない・・など、
相手の犬に対してとても積極的な場合、
一般的には「社会性が高い」とされ、
「良い子」だとか「理想的」だとか言われる事も多いですが、
相手の犬に挨拶に行くけど嫌がられてしまったり、
相手を遊びに誘うのは良いけど、相手が遊びに乗ってこないと、
吠えたり、噛むフリをしたり、マウンティングをしたりして、
わざと怒らせて相手を動かそうとする・・など、
「コミュニケーションができない」とはまた違う、
別の問題がある場合もございますので注意が必要です。

社会性があって、積極的ではあるんだけど、、
相手が嫌がっていても気づかないし、気づけない・・
自分の思い通りに相手が動かないと機嫌が悪くなって怒りだす・・

人間でもこう言う人は居ますよね?
積極的に話しかけてきてくれるけど、
たまに相手の嫌がる事を平気で言ったり、
自分勝手な行動をしてみんなに迷惑をかけたり・・
でも、そう言う人は、
「これを言ったら相手はどう感じるか?」とか
「自分がこう言う行動をしたらみんなはどう思うか?」
など、「相手の気持ちを想像するのが苦手」と言う事もあるのだそうです。

勿論、そう言う部分は、多かれ、少なかれ誰しもが持っていると思いますが、、
それが「後天的」に強められる事もありますので注意が必要です。

例えば、飼い主さんが「犬の為に・・」と、色々と尽くしてしまい、
「自分は何もしなくてもお世話をされるのが当たり前・・」
「自分は飼い主さんの気持ちを考えて行動しなくても、
 飼い主さんが自分の気持ちを考えて色々としてくれるので、
 相手の気持ちを考える必要性がない・・」と、
そうした理由から、相手の気持ちを考える事ができない子に
なってしまう事もあるそうです。

また、そう言う環境の中で「自分ルール」が強くなり、
飼い主さんが自分の言う事を聞いてくれないと、
「もう言う事を聞いてあげない!」と、
お散歩中に歩かなくなったり、ごはんを食べなかったり、
ハウスに引きこもって出てこなかったり・・と言う行動をする子も居ますし、
自分の思い通りに行かないと吠えたり、噛んだり・・と、
飼い主さんの「犬の為に」が犬の行動の問題を
助長させてしまう事もありますから
もう一度、自分の中の「犬の為」と言う部分を
疑ってみるのも大切かもしれません?

ただ、そんな風に、
世間一般的には「自己中のワガママ犬」と言われてしまう子でも、
自分の犬は世界一カワイイので、
「自己中」だろうが「ワガママ」だと言われようが、
他人に迷惑をかけなければ、それで良い・・
と思ってしまう飼い主さんも多いです。
また、それにプラスして、
飼い主さん自身が、自分に自信がなく、
「主体性」を持ち合わしていない為に、
犬が自己中心的でワガママな方が良い・・
犬が自分を引っ張ってってくれる・・
あるいは、自分を守ってくれる存在・・
と思ってしまっているとしたら、
犬の行動の問題に困りつつも、
一方でそう言う犬を求めてしまっているのですから、
犬の行動の問題の改善をしようと思っても難しい・・
と言う事は多いです。

まぁ、「自己中」だろうが「ワガママ」だろうが、
他人に迷惑をかけなければそれで良い・・
と言う考え方は男性に多く、
「自己中」で「ワガママ」はダメだと思うけど
それを強く叱って嫌われたら・・
と考えてしまってできない・・
と言うのは女性に多い気がします。

でも、どちらにしろ、飼い主さんが「そのままで良い」と思えば、
犬はいつまでもそのままですから、
もし、犬の行動を変えたいと望むのであれば、
まずは、飼い主さん自身が自分の気持ちを「自覚」し、
「方向性を定める」と言う事も大切になってくると思います。

また、最近は「社会化トレーニング」として、
仔犬から教室に通わせる飼い主さんも多いですが、
「社会性」のスキルばかりをあげようとする前に、
自分の犬と他の犬との「かかわり方」を観察してみる事も大切だと思います。
自分の犬は積極的なんだけど、
相手の犬は自分の犬を避けようとするし、なんだか迷惑そう・・
と言う場合は犬同士のコミュニケーションスキルの前に
飼い主さんとの暮らしの中で「ルール」や
「我慢」を教えてあげる事が先決かもしれません?

まぁ、そんな風に「社会化」と言っても、
みんな、それぞれ課題や問題点が違いますから、
単に犬が沢山、集まる所に連れて行けば・・と言う事では無いですし、
通り一遍等の「しつけトレーニング」も違うと思いますので、、
自分の犬に何が足りないか?
飼い主さんはどうしたら良いか?
その子と飼い主さんに合わせた「カスタマイズサポート」をしてくれる・・
そんなトレーナーさんを探してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫