「愛されたい」と言う自己中心的な欲求が強過ぎて愛され難くなっている事も

 2015-09-11
01DSC02941.jpg

犬と遊ぼうと思っても長続きしない・・・
あるいは、コミュニケーションをしようと思っても上手く行かない・・
と言う場合、飼い主さんが色々と考え過ぎてしまっていたり、
頑張り過ぎてしまっているから・・
と言う事もありますので注意が必要です。

人と人との関係でも同じだと思いますが、
特に好きな人と一緒に居る場合、
「相手を楽しませなければ」とか
「嫌われないように頑張らなくては」と意識し過ぎてしまう事で
かえって会話がぎこちなくなってしまったり、
会話が途切れるのが怖くて自分ばかりが喋ってしまい、
相手の話を聞けていない・・
相手の気持ちに目を向ける余裕がないばかりに関係性が進展しない・・
と言う事もあると思います。

だから、まずはリラックスして、
「頑張ろうとしない」と言う事を心がけてみる・・
そもそも、飼い主さんがそうして、
一生懸命にアプローチをする事によって、
犬は「自分からアプローチをする必要は無い」と思ってしまう事も多いです。
恋人同士で言うと、
女性があまりにも「好き、好き」とアプローチをしてくる・・
「自分を必要として欲しい」と男性のお世話を頑張る事で、
男性の方は愛されるのが当たり前・・
お世話をされるのが当たり前・・と勘違いし、
調子に乗って愛情表現をする事を怠ったり、感謝の気持ちを忘れたり・・
と、女性の存在をないがしろにしだす事もあるかと思いますが、
それに近いかもしれません?

だから、もし、犬が自分に対して横柄な態度をするようだったら、
まずは「どうして横柄な態度をするのか?」を考えてみる・・
もし、自分が犬に対して媚びていたり、
「愛して欲しい」と頑張り過ぎていたとしたら、
それが原因かもしれませんし、
それを続ける事で、飼い主さんの存在を
さらにないがしろにしだすかもしれません・・?
また、犬自身、横柄な態度をしても許されると勘違いし、
外に出て他の人や犬に対しても自己中心的な態度をする
嫌な子になってしまうかもしれませんので、
まずは、飼い主さんが「愛されたい」とか
「必要とされたい」と言う気持ちをコントロールしてみる事から
はじめてみるのも良いと思います。

そうして、飼い主さんが
必要以上にコミュニケーションを取らないようにする事で
今度は犬の方からアプローチしてくれるようになると思います。

その時はしっかりと応えてあげるようにしてあげますが、
ただ、そこで飼い主さんに愛情を返して貰う事で、
犬は「やっぱりいつもと同じか」と安心し、
また、自分勝手に行動しだす事は多いです・・
なので、飼い主さんもまた、必要以上に
アプローチをしないようにしつつ、
少しずつ、少しずつ、
お互いにとって快適な距離を模索して行くのも良いと思います。

もし、自分の犬が外で他の人や犬に会った時に
横柄な態度をしたり、逆に怖がったりする場合、
犬と飼い主さんとの関係性の中に問題がある場合もありますが、
当たり前のように続けられている日常の関係性の問題は
当人同士には分からない・・気づけない場合もありますので、
トレーナーさんや他の飼い主さんのお話を聞いてみるなど、
第三者の意見を聞きつつ、
広い視野で犬とのコミュニケーションについて考えてみる事も
大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫