犬のタイプと関係性 01

 2015-09-02
DSC00677_20150902190247200.jpg

犬との「信頼関係」を構築する方法として

「犬の考えや気持ちを尊重する」
「犬の表情やしぐさをよく観察し、知ろうと努力する」
「犬の考え、判断、決定を認めつつ、
 こちらの考え、判断、決定も伝え、
 交渉したり譲り合ったりするようにする」

などがありますが、
そうした事を続けても、なんとなく関係性が良くなって行かない・・
仲良くなれる子も居れば、親密な関係になれないケースもあったりします。

これは、人間同士にもあてはまる事だと思いますが、
「信頼関係」と言う「定義」がその子によって違う為かもしれません?
例えば、いつも一緒で楽しく遊んだり、
沢山のスキンシップを通して関係性が良くなって行く子も居れば、
いつも一緒でベタベタされるのはちょっと苦手で、
一緒に楽しく遊ぶのは楽しいけど、
お互いの時間も作って欲しいと思っている子も居たり・・

ちなみに感情表現が豊かで
「ああしたい」とか「こうしたい」と自己主張もできる・・
と言う子は自分を強く持っているので、
多少、飼い主さんに叱られてもへこたれず、
指示や命令も「自分への感心の証」と喜んでくれ、
沢山、コミュニケーションをする事で関係性も良くなる事は多いですが、
だからと言って飼い主さんが調子に乗って一方的に・・
自己中心的に命令ばかりしていると、
犬は自分への愛情を感じられず、
関係性が悪くなってしまう事もありますから
コミュニケーションは一方的ではなく、犬にも理解しやすく・・
納得してもらえるように伝え、
楽しく、やりがいを持たせてあげるようにしてあげる事で
信頼関係が深まって行くのではないかと思います。

逆に自分の感情表現が苦手であまり自己主張をしないタイプの子は、
一見すると「良い子」に見える為、
飼い主さんも気を抜いて、犬の事を見たり褒めたりしない事も多いです。
飼い主さんとしては「信頼している証」として、
あえて何も言わないのかもしれませんが、
犬からしてみれば、
「飼い主さんは自分に無関心」だと思えてしまう・・
「飼い主さんが勝手にふるまうなら自分も・・」と、
犬も段々と自分勝手に振る舞うようになったりする事も多いですから
「良い子」に見えたとしてもしっかりと関心を示してあげ、
良い子にしている時も「当たり前」だと思わずに褒めて、
感情が分かり辛い子だからこそしっかりと気持ちを知る努力・・
仲良くなる努力をする必要があると思います。

続く
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫