伝える努力を怠らない

 2015-08-31
DSC00458.jpg

犬が行動の問題を起した時、
「どう言う対応をされましたか?」と聞いてみると、
「きちんと叱っていたんですけど、
 どうにも言う事を聞いてくれなくて・・」と、
犬を叱る事を肯定される飼い主さんも居れば、
「叱ってしまっていました・・」と、
申し訳なさそうに答える飼い主さんも多いです。

最近は「犬を叱るのは悪い事」と言う風潮がありますが、
個人的には叱る事は悪い事だとは思いません。
職場で新人さんに仕事を教える時もそうですが、
褒める事は大切なものの、その一方でミスを指摘したり、
注意したり、間違いを訂正してあげる必要はあると思います。
指摘して間違いを正してあげなければ、
自分も・・会社も・・新人さんも・・・
みんなが結果的に困る事になると思いますから
「叱る」と言う事に対して罪悪感を覚える必要はないと思います。

ただし、「叱り」は「叱れるかどうか?」よりも
「伝え方」がとても重要になってくるそうです。
感情のままに叱ったり、
「できない人」と決め付けて注意したり、
教える側がミスの責任逃れをするような・・
何も分からない新人にミスを押し付けるような叱り方をしてしまうと
段々と聞いて貰えなくなる・・
信用や信頼を失ってしまったり、
「パワハラ」として訴えられたりしてしまうかもしれませんので、
「どうやって伝えるか?」を考える事が
重要になってくるのではないかと思います。

また、そうして大人が相手の場合は相手の気持ちや立場を一生懸命に考え、
傷つけないように・・
優しく、分かりやすく教えようと努力をするのに対し、
子供や犬が相手になると、全く、そんな事は考えなくなってしまう・・
むしろ、傷つけたり、怖がらせたり、
精神的に追い詰めたりして自分の言う事を聞かせようとしてしまう・・
子供や犬が弱い立場だと言う事を利用し、、
無理に自分の言う事を聞かせようとしてしまう・・
と言う事も多かったりしますので注意が必要です。

「叩くフリ」をして言う事を聞かせようとしたり、
「怖い顔」でにらみつけて言う事を聞かせようとしたりと、
「威圧」や「威嚇」・・
力や恐怖でコントロールしようとしてしまったり・・
特に犬のトレーニングの中には、
痛みや恐怖で犬をコントロールする方法を
用いている所もまだまだ多く、。
怖いトレーナーさんの言う事は聞くけど、
飼い主さんの言う事は聞かない・・など、
逆に力や恐怖を用いないと
コントロールできない犬にしてしまう事は多いですし、
単に人間の言う事を聞かせているだけなので、
犬が自分で「どうしたら良いか?」を
学んでいるわけではないので、
何度でも同じミスを繰り返す・・と言う事も多いです。

そもそも、
力や威圧で自分の言う事を聞かせようと言う姿勢には、
「お互いに分かり合おう」と言う気持ちがあるようには思えません。
「コミュニケーションをしよう」と言う気もなく、
ゆっくりと少しずつ、教えて待つ・・
できるようになるまで身守る事ができない・・・
そんな優しさのない教え方では優しい子には育ちませんから、
まずは犬に対して「何をどう伝えるか?」
と言う所から考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫