吠えたら笑う

 2015-08-14
DSC00171.jpg

車の助手席に犬を乗せて走っている時、
気になる人やお散歩中の犬を見つけると
吠えてしまうので困っている・・
と言う飼い主さんは多いみたいです。

一応、吠える度に叱ってはいるのだけれど、
いつまでも人や犬を見ると吠えて行動の問題が変わらない・・
と言う場合、飼い主さんの「叱る」と言う「教え」が効果的かどうか?
と考えてみるのも良いと思います。

ちなみに「犬が吠える」と言うのは、
何かしら意味があっての行為ですから、
その意図を汲み取ってあげる必要があります。
例えば、暇になったので、
吠える事で運転中の飼い主さんの気を引こうとしている・・
と言う事かもしれませんし、、
お散歩をしている犬と遊びたくて吠えて呼んでいる・・
と言う事かもしれません?
でも、飼い主さんの方を見ず、
外だけを見て吠え続けている場合、
犬の興味は外に向かっていますし、
犬の表情が厳しく、警戒や威嚇の意味を込めた吠えの場合、
その吠えは不安や警戒の吠えかもしれませんので、
単に吠えを止めようとするよりも、、
犬の不安や心配を減らして「吠える必要はない」と言う事を
教えてあげた方が根本的な解決につながって行くと思います。

勿論、その為には普段のお散歩の時に
犬との良い経験を沢山、与えてあげる必要があるとは思いますが、
車の中で外を見て吠えるのが習慣になってしまっている・・
不安や恐怖・・警戒心から来ているとしたら、
飼い主さんが怖い顔をして叱るよりも、
犬が吠えたら逆に笑顔で楽しそうに笑う・・
と言うのも良いのではないかと思います。

犬が外を歩く人や犬を見て警戒吠えをしている時、
飼い主さんがそれに反応せずに前を見て爆笑するようにしていると、
不安や恐怖から吠えていた犬も「何々?」となって、
吠えていた対象から気持ちが外れますし
楽しそうに笑っている飼い主さんを見て、
キョトンとしながらも怖い気持ちが薄れて行く・・
不安から吠えていた事を忘れてしまう・・と言う事も多いです。

勿論、1回や2回、吠えている犬の横で笑ったとしても、
また、同じ状況になったら犬は吠えてしまう・・・
それは「習慣」からかもしれませんので、
長い目で見てあげる必要がありますが、
それでも、飼い主さんが笑う事で
長く吠える事はなくなりますし、
飼い主さんが笑う事で、怖かった対象が怖くなくなって行く・・
「吠える必要はないんだ」と吠えていた対象を見ても
吠えなくなっていく事は多いです。

まぁ、車の運転中・・
犬が吠えているのに飼い主さんは笑っている・・となると、
通行人から変な目で見られてしまうかもしれませんから
犬の飛び出し防止の為にも窓は閉めて、
笑い声が外に出ないようにする必要はありますし、
そうした事は車の中だけではなく家の中でも有効で、
犬が物音に対して警戒吠えをしたり、
飼い主さんに対して要求吠えをした時も
全然、違う方を見て爆笑する事で、
安心感を与えて「警戒する必要なない」と教えてあげたり、
「要求吠えしても私は全く困らないから
 勝手に一人で吠えていれば?」と「吠える」と言う行為に対して
「メリットを与えない」と言う事にもつながると思いますので、
「吠えたら叱る」と言う一辺倒のしつけではなく、
色々な方法を試してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫