うまく行かない時は自分の表情に気をつけてみる

 2015-08-13
DSC00155.jpg

犬の行動の問題の解決には正しい「理論」や「手法」が大切・・
と、小さいうちからパピー教室に通ったり、
色々なトレーナーさんの教えを受けたり、セミナーに行ったり・・
と言う飼い主さんも多いです。

他にも色々な飼い主さんから
「ああした方が良い」とか「こうした方が良い」と言われ、
「教えて貰ったからにはやらなければ」と、
精神的にも肉体的にも追い詰められて、疲れてしまったり、
ぞのワリには、どの方法も結局、うまくいかなくて、
失敗をする度に「しつけ」に対して消極的になったり、
「また失敗するのでは?」と、緊張するように
なってしまったりする事もあるのではないかと思います。

勿論、そうして真面目に犬と向き合い、
問題に取り組もうとする飼い主さんは素晴らしいと思いますが、
「もっと大事な事は?」と言うと、
飼い主さんの「笑顔」ではないかと思います。

犬の問題に取り組んでいる時の飼い主さんの顔は、
大体、暗い顔や厳しい顔・・あるいは、無表情な事は多いです。
まぁ、行動の問題で悩まれているのに
「ニコニコ」なんてしていられない・・とは思いますが、
飼い主さんが暗い顔をしていると、
犬も不安になりますので、不安から物事に対して過剰に反応し、
すぐに吠えたり、攻撃的な行動を見せたりする事もありますし、
飼い主さんがいつも「厳しい顔」をしていると、
犬は飼い主さんの顔を見るのが怖くなるので、
飼い主さんの顔を見ないで、自分勝手に行動する・・
と言う事も多いです。
また、飼い主さんが無表情なばかりに
飼い主さんの表情から「正解」や「不正解」を判断する事ができず、
「なんだかよく分からない」と飼い主さんや人間に対して不信感を持つようになり、
社会やコミュニケーションに対して消極的になってしまう・・
と言う事もありますから、
「理論」や「手法」の前に「笑顔の飼い主さん」で居る事・・
「笑顔」で居る為に、
「こうでなければ」とか「こうであるべき」と言う
先入観や固定観念を捨て、肩の力を抜いて、
のびのびと犬を育てる事を心がけてみるのも良いのではないかと思います。

そして、飼い主さんが「笑顔」を心がける事で、
犬の中の飼い主さんのイメージが変わり、
飼い主さんの顔をよく見るようになる事は多いですし、
そうして、飼い主さんの顔をよく見るようになると、
犬は飼い主さんの表情から、
少しずつ「して良い事」と「してはいけない事」を
学んで行くようになる・・

勿論、いつもいつも「笑顔」でいる必要はなく、
きちんと喜怒哀楽の表現を見せてあげる事で、
犬は「ルール」を学び「我慢」を覚えて行く・・

「理論」や「手法」を犬に教え込もうと思っても、
上手く行かない・・と言う場合、
実はそうした「心の交流」をしていなかったり、
犬は飼い主さんの顔を見て、
飼い主さんは犬の顔を見て心と心を通わせると言う、
「心の土台」ができていなかったから・・
と言う事も多いと思います。

真面目な飼い主さんの中には愛情表現が苦手で
「言わなくても伝わるはず」と、
スキンシップをするよりも「しっかりと育てなければ」と、
犬の行動ばかりに目が行って、犬の気持ちに目が行かなかったり
心と心の関係性を育てる事を怠ってしまう事もあるかもしれませんが、
まずは、犬の行動の問題に目をつぶり、
ニッコリと笑って良い所を伸ばしてあげるようにする・・
犬の好きな事・・・興味を持った事をやらせてあげて
沢山、褒めてあげるようにしてあげると、
犬も自信がつき、飼い主さんに「愛されている」と言う
実感を持つようになってくれますし、
そうした「実感」を持たせてあげられれば、
少しずつ、色々な事が大丈夫になって行く事は多いです。

飼い主さんが「犬を愛している」と実感する為の接し方ではなく
犬が飼い主さんに「愛されている」と
実感して貰えるような接し方を心がける・・
「全てはそこから始まって行く」と言う気持ちで
「心の土台」作りをしっかりと心がけてあげるのも
良いではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫