オヤツを提示した時

 2015-08-06
-7DSC09797.jpg

人間の子供が一日の中で親に一番、多く望む事は?
と言いますと「自分を見て」だそうです。

でも、これは、犬も同じではないかと思います。
犬が「吠える」と言う行為をする時は、
「相手を遠ざけたい・・」とか、
「追い払いたい・・」と言う気持ちからな事も多いですが、
吠える事で飼い主さんの関心を引きたい・・
相手の犬の関心を引きたい・・
など、自分の方に関心を向けて欲しい・・
と言う事も多いです。

だから、吠えた後に飼い主さんの顔を見て、
自分の事を褒めて貰いたがったり、
「自分の事を見てくれているか?」
を確かめる事も多いのだと思います。

他にも「ボールレトリーブ」や「フリスビーキャッチ」など、
自分が得意な事・・飼い主さんが沢山、褒めてくれて、
笑顔を見せてくれる事は「もっと見て貰いたい」と犬も思いますし、
そうして、飼い主さんが犬の事を見て、
しっかりとフィードバックをしてあげる事は、
犬の「学習意欲」の向上にもつながりますし、
「人と関ると楽しい」と言う経験を沢山、積む事で
他の人に対しても積極的になり、
「社会性の向上」にもつながって行く事は多いと思います。

意外と犬との遊びを義務的に・・・
無表情で声もかけずに淡々と行っている飼い主さんも多いようですが、
しっかりと「関心」を示してあげる・・
しっかりと犬の事を見てあげて「安心感」を与えてあげるようにする事が、
情緒の安定など「豊かな心」を育てる事にも
繋がって行くと思います。

ただし、「関心を示す」と言っても犬のマイナス面・・
「犬のできない事」ばかりに関心を示したり
「してはいけない事」をした時だけ注意をする・・
など、他の犬と比べて、劣っている所を見つけた時や
自分の犬が問題を起した時だけ関心を示すと言う事を繰り返していると、
犬は「飼い主さんの困る行動をすれば関心を持って貰える」と、
わざと問題行動を起こしたり、やるべき事をやらなかったり・・
と言う行動を頻繁に行うようになってしまいますので、
困った行動には感心を示さずに無関心を貫き、
「当たり前」だと思ってしまうような「望ましい行動」にこそ関心を示す・・
と言う風に、関心を示す基準をもう一度、見直してみるのも
大切ではないかと思います。

勿論、だからと言って大げさに褒める必要はないそうです。
望ましい行動をした犬の事を見て
「ありがとう」と伝えてあげるようにすればそれで良いと思います。
でも、それですら、飼い主さんがしっかりと
「心を込めて」伝えてあげる事が重要です。

犬の事を褒めておやつを与える・・
それは、とても大切ですが、
犬に対してオヤツを持った時、
「その子がどこを見ているか?」
に注目してみる・・

「オヤツばかりを見る」か、
「オヤツを持った人間の顔を見る」か?
あるいは、
「最初はオヤツを見ていたけど、
 そのうち「アレ?」となって人の顔を見る」か?
あるいは、
「人の顔を見る事もなく、
 ず~っと、オヤツだけを見て固まっている」か?

犬と飼い主さんの目が合う・・
それは、飼い主さんが犬に関心を示し、
犬もまた、飼い主さんに関心を示しているから起きるのです。
でも、オヤツがあると、オヤツばかりを見て飼い主さんの顔を見ない・・
と言うのでは、飼い主さんはオヤツに負けてしまっているかもしれませんし、
あるいは、普段からオヤツに頼り過ぎているのかもしれません?
と、言っても、オヤツを使ってアイコンタクトの練習・・
と言うのでは本質的な問題の解決にはつながりませんので、
「愛の反対は憎しみではない 無関心」とも言われていますし、
しっかりと犬に対して関心を示し、
関心を持って貰えるような関係性を考えてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫