「想定外」を楽しむ

 2015-07-31
DSC00455.jpg

犬と暮らしていると、
いつもの散歩道・・
いつもの公園・・
いつもの犬友達・・
と言う感じで変化の少ない・・
「無難な日常」を過ごしてしまう事も多いのではないかと思います。

勿論、犬が興奮しがちだったり、
ストレス過多だったりする場合・・
あるいは、お散歩に慣れていない時は、
「知らない世界を沢山、見せてあげよう」と言うよりも、
いつもと同じ散歩道をいつもと同じように歩く方が精神的に落ち着けたり、
外の世界に慣れてくれるのが早くなる事もありますから大切ですが、
飼い主さんが変化を嫌い、
「無難に・・無難に・・」と、安定を求め過ぎてしまうと
犬もまた変化に乏しい生活を送る事となり、
新しい世界を知る機会を得られなかったり、
環境の変化を苦手とする子になってしまう・・と言う事もありますから、
犬の知識や経験・・順応性を育ててあげる為にも
たまには少し離れた大きな公園や
ハイキングコースなどに出かけてみるのも良いのではないかと思います。

特に「ハイキングコース」などは想定外の事が起こる事も多く、
思っていた以上に上り下りが急だったり、道幅が狭かったり・・
まぁ、有名なハイキングコースなら整備や管理もされていて、
案内もしっかりと設置してありますから
大きなトラブルが起こる事も少ないとは思いますが、
今、コース全体のどの辺りなのか?
自分の体力は? 犬の体力は?
と、状況を自分で判断し、分析し、危険な事が起きないように・・
環境と自分自身をコントロールして行く・・
と言う事も大切だと思います。

ただし、コントロールしようと思っても、
自然が相手では、なかなか、自分の思い通りに行かない事の方が多いです・・
でも、だからこそ、その状況の中で自分に何が出来るか?
自分で考え、選択し、行動する事によって「自信」が育って行くと思いますし、
「自信」が育って行くと、犬を「見守る」余裕も生まれてきますので、
飼い主さんが見守るようにする事で、
犬もまた、自分で考え、選択し、行動しなくてはならなくなる・・

デコボコした道に直面した時、
自分でルートを考え、実際に歩けるかどうか?と選択し、
自分の足で歩いて「大丈夫だった」と言う実感を得ると、
犬自身の自信を育てる事に繋がって行くと思います。

「どこかへ行く」と言うと、つい、「目的地まで行く事」が目標となってしまい、
途中経過を楽しめない・・と言うケースもあったりすると思いますが、
目標はおおまかに決めて、あとは自由に楽しく・・
道を間違えても「道を間違えたからこの道を歩く事ができた!」と言う感じで
「臨機応変」に楽しむのが良いと思いますし、
そうした中で「ああでなければ」とか
「こうでなければ」と言う不安や呪縛から解き放たれ、
ある程度の逆境なら、それを楽しめるぐらいの心の余裕も
生まれて来るのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫