本当の意味での「楽しい」の共有

 2015-07-20
16DSC00097.jpg

昔は「ドッグカフェ」や「ドッグラン」に行ったり、
同じ犬種が集まる「オフ会」に参加したり、
ショップで犬用の高級な服や装飾品を買うのが
これからのステキなドッグライフ・・・
そう言う所に連れて行ってあげたり、
高価なモノを買ってあげられる事が
「飼い主としてのステータス」だと言われていた時代がありましたが、
昔は犬OKのお店自体が本当に少なく・・
「ドッグカフェ」は犬と一緒に入れる特別な場所だったのですが、
今では「テラス席ペットOK」と言うお店が増えて、
「ドッグカフェ」は特別な場所ではなくなってしまいましたし、
犬用の服やグッズも「売れる」と分かってからは、
色々な企業が商品を作るようになって供給過多になり、
ドンドンと値崩れして価値が失われてしまいました。

「ドッグラン」は犬同士によるトラブルが多発するなど、
人間の「楽しい」が必ずしも犬も「楽しい」とは限らない・・・
と気づいた飼い主さんが増えてくれたのは良かったですが、
家の庭でひっそりと飼われていた犬達が人の集まる場所に進出するようになり、
人間社会での犬の認知度が上がった事によって、
逆に飼い主さんに対する世間の目は厳しくなってしまい、
今まで以上にルールやマナー・・
「しつけ」が重要視されるようなったのは
犬にとって良かったのか?悪かったのか?と考えてしまいます。

特に一部のマナーの悪い飼い主の存在により、
飼い主さん達は犬を飼わない人は勿論、
犬を飼う人からも厳しい目でチェックされ、
近所や周囲の目を気にして
厳しすぎる「しつけ」に走ってしまう事も・・・

しかし、「しつけ」や「トレーニング」は、
すればするほど良くなると言うものではなく、
厳しいしつけを長く続ければ、
犬は叱られてばかりになって、自信を失ってしまいますし、
ストレスから飼い主さん反抗したり不信感を抱いて、
関係性が悪くなってしまう事もありますので注意が必要です。

また、そうして、飼い主さんが周囲の評価を気にして、
「評価」が良ければ安心し、「評価」が悪ければ不安になる・・
と言うのでは、どんなに頑張っても
本当の「自信」にはつながらないと思いますから
飼い主さんとしての「自信」は周囲の評価によって身につけるものではなく、
「犬にどれだけ自信をつけさせてあげられたか?」とか
「犬をどれだけ楽しませてあげられたか?」など、
犬の「心の成長」のサポートをしつつ、
自分自身の心の中で育てて行くのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫