「できない存在」ではなく「できる存在」だと信じてあげる

 2015-07-08
07DSC00026.jpg

仕事中、分からない事があった時に答えを教えてくれたり、
アドバイスをしてくれたりする人が居ると凄く助かりますが、
「こうした方がいいよ」と分かっている事まで言われたり、
終わらせた仕事まで「あれはやったの?」と、
いつまでも言われ続けるのは嫌なものです・・・

勿論、「優しさ」や「気遣い」から言ってくれているのだとは思いますが、
逆に「どうしてそう言う事を言うのか?」と言いますと、
そこには、自分は分かっているけど、
あなたは分かっていないかもしれないから・・と言う気持ちや
自分とあなたを比べた時「劣っている存在」だと思うから、
ついつい、手や口を出したくなってしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。

だから、言われた方も、なんとなく、それを感じて嫌だと思い・・
言われても無視をしたり、
つい、反抗的な態度をしてしまう事もあったりすると思います。

しかし、こうした事は言っている方は
言われた相手の気持ちに気がついていない事も多いです。
特に旦那さんや子供・・犬など、
身近な存在ほど、ついつい、過干渉気味な一言を
無意識に言ってしまっている場合も多いですから、
自分の言葉の重みを軽くしないように・・
相手の事を尊重して「できる存在」だと信じてあげるように・・
「黙って待つ」と言う事も大切だと思います。

でも、「待つ」と言う事ができない理由の一つに、
「自分は分かっているのに・・」と言う気持ちはあると思います。
大人は色々な事を経験し、知識もありますので、
正解までの道筋を無駄なく・・手際、良く行う事ができますが、
犬はまだまだ、知らない事、分からない事だらけなので、
沢山の失敗をしますし、余計な事もしたりするでしょう・・・
でも、そうした「間違い」や「失敗」を通して
徐々に「正解」を見つけて行く・・・
「スキル」が洗練されて行くのだと思いますが、
飼い主さんは自分が答えを知っているばかりに
「間違い」や「失敗」を許せない・・
そうした事はムダだと感じて、
「正解」の行動だけをさせようとしてしまう・・
「正解」以外は「×」だとして「過程」を認めようとしないから、
叱ったり、手や口をだしたりして、犬の「やる気」を奪ったり、
イライラして「もう、やらなくて良い」と
「知識」や「経験」の機会まで奪ってしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。

でも、「正解」の行動だけが「正解」で、
それ以外は「×」と言うのはどうでしょう?

例えば、ドッグトレーナーさんから「犬の育て方」を教わった時、
「私と同じ事だけして下さい」と、
ドッグトレーナーさんと同じ事ができるようになる事を求められ、
頑張っても「そうじゃない」とか「こうでしょ」とダメだしをされ、
ようやく同じ事ができるようになったとしても、
「でも、まだ、あれもできない」とか「これもできてませんよね?」と、
「できた部分」を認め、褒めて貰えずに
「できていない部分」ばかりをダメだしされる・・・と言うのでは、
飼い主さんも、段々と頑張ろうと言う気力が失われ、
途中で嫌になってしまうのではないかと思いますが、
意外と犬に対してはそう言う教え方をしてしまっている・・
と言う事もありますから注意が必要です。

それに「正解だけ知っている」と言うのもダメではないかと思います。
沢山の間違いや失敗があるからこそ「正解」に価値を見出せる・・
「犬のしつけ」でもトレーナーさんから「正解」だけを教わった結果、
犬が新たな問題行動をしだした時に対処ができない・・
その都度、トレーナーさんに「正解」を教えて貰わなければダメだとしたら、
それは、単に答えを教えて貰っているだけに過ぎず、
沢山の失敗や間違いをし、その上で「正解」を教えて貰うからこそ
いざと言う時に「どうすれば良いか?」を自分で考える事ができる・・
「間違い」や「失敗」が飼い主さん自身の思考の幅・・
応用力になると思いますので「間違い」や「失敗」を怖れず・・
「考える事」や「努力する事」など
「過程」を大切にしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫