犬の知能テスト?

 2015-07-04
03DSC00024.jpg

犬の「知能テスト」なんて言うのが、
雑誌やテレビなどで取り上げられる事もありますが、
そもそも、人間の「知能テスト」ですら、
きちんと知能を計れているかどうか?
怪しい部分も多いそうです。

それに「人間は他の動物と比べて知能が高い」とされていますが、
チンパンジーの「アユム」は
9個の数字を約0.7秒でほぼ正確に記憶でき、
人間の大人(大学生)でも無理な事ができたりして、
「知能が高い」とは、一体、どう言う基準で言うのか?
まずは、その辺りから考えてみる事が重要ではないかと思います。

なので、「知能テスト」で分かるのは、
単に記憶力や計算力、問題解決能力など、
今、現在、テストで測定できる範囲の能力について・・
それも、脳の中の一部の項目について
測定しているだけに過ぎなかったりするそうですので、
例え「知能テスト」の点数が低かったとしても、
心配する必要はないそうです。。

それに、犬も練習次第で「記憶力」や
「問題解決能力」が伸びて行く事は多く、
最初は全く、覚えない・・考えなかった犬が
「クリッカートレーニング」を始めた途端、
過去の記憶と照らし合わせたり、応用したりと、
問題解決に向けて、色々な事を考えるようになる事は多いですから、
「お手ができない」とか「教えても覚えない」と言って
犬の頭の良し悪しを判断するとしたら、
それはちょっと早計かもしれません?

犬の考えを尊重し、
自分で考え、判断し、行動する事を推奨してあげる事で、
犬の記憶力や問題解決能力は伸びて行く・・
ただ、犬は頭が良いだけに、
頭の使い方を飼い主さんが望まない方向に・・・
問題行動を起こす事で飼い主さんを動かそうとしたり、
飼い主さんを不安にさせたり、心配させたりする事で、
何かしらのメリットを受けようとしたりする事もありますので、
飼い主さんがルールや我慢をしっかりと教えつつ、
犬が変な方向に頭を使わないように・・
気をつけて導いてあげる必要もあるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫