大切に想っているだけでは伝わらない

 2015-06-18
02DSC00227.jpg

男女間で気持ちのすれ違いが起きるのは、
女性が「気持ちを理解して欲しい」と思っているのに対し、
男性は「事柄についての解決策を模索しようとする」からだそうです。

例えば「○○さんにあんな事を言われた」と、
女性が自分の悲しい気持ち・・
悔しい気持ちを理解し、共感して欲しいと思っているのに対し、
男性は「お前が悪い」と評価したり、
「じゃあ、こう言えば良い」と解決策について話そうとするから
スレ違いが起きて女性をイライラさせてしまう・・
と言う事は多いと思います。

これは、男性が
「主観や感情に流されずに情報を分析し、
 問題点や解決策について考える」と言う、
仕事上の情報処理&伝達の仕方が身につき過ぎ、
「思考の習慣」となってしまっているからであり、
男性は男性的に女性の問題について考え、
解決してあげようとは思ってはいるのですが、
女性としては解決とかは二の次で、
まずは「私の気持ち」を理解し、
しっかりと「私」の事を「尊重」して欲しいのに、
全然、気持ちを理解しようとしてくれないし、
私の事なんかどうでも良い感じで全く尊重しようとしてくれないから
怒りを感じてしまうのだと思います。

人間は誰しも「自分の事を大切に思って欲しい」と願います・・
だから「大切にされていない」と感じれば不安になりますし、
他者からの評価で自分の価値に自信が持てなくなった時ほど、
「自分には価値がある」と言って欲しい・・
「大切に想っている」と言葉で伝えて欲しい・・
と願うと思いますから、
「大切だと思っている」だけではなく、
しっかりと言葉と態度で伝えてあげる事が
何よりの「優しさ」ではないかと思います。

しかし、昔は「男尊女卑」の思考や習慣があり、
男性が上で女性は下・・
女性の意見を尊重してばかりいるとつけあがるし、
女性を調子に乗せると言う事を聞かなくなる・・などと言われ、
今でも女性を大切にする男性は「女性を甘やかすダメな男」とか、
「リーダーシップも取れない情けない男」なんて
陰で言われてしまう事もあったりしますが、
女性を尊重し、大切に思っている男性は
本当に「ダメな男性」なのでしょうか?

でも、これって「犬のアルファ・リーダー論」にも
通じる違和感ではないかと思います。

「アルファ・リーダー論」では、
人が上で犬は下・・
犬の意見を聞いてばかりいると言う事を聞かなくなる・・
と言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

女性の場合、女性の意見を尊重すると付け上がるのではなく、
女性の意見を尊重しないから男性も尊重して貰えなくなる・・
心が離れてしまって言葉に愛情がなくなってしまう・・
と言う事は多いと思いますし、
女性を調子に乗せると言う事を聞かなくなるのではなく、
自分の意見を言わず、楽な放任主義を続けた結果、
後になって困った事になった・・
と言う事ではないかと思います。

これは、犬も同じで、気持ちを尊重せずに
自分の言う事ばかりを聞かせようとしていれば、
心が離れてしまいますし、
甘やかしてばかりいれば、それが普通になって、
自分本位に振舞うのが当たり前になり、言う事を聞いて貰えなくなる・・

ですから、男性は女性を尊重しつつ、
自分の意見もしっかりと伝えるようにする事が大切だと思いますし、
それは、犬を育てる時も一緒で、
犬の意見や気持ちを尊重しつつ、
自分の意見も伝え、
「大切に想っている」と言う事を想っているだけではなく、
犬にも伝わるように表現してあげるのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫