犬に話しかけ過ぎると言う事を聞かなくなる?

 2015-05-16
02DSC00494.jpg

犬のしつけをする時、
「飼い主さんは犬からリーダーとして認められるように、
 毅然とした態度をするようにして、
 自分から犬に話しかけたりしてはいけない・・
 犬を擬人化せず、話しかける時は
 指示や命令をする時だけにしましょう」
なんて教わる事も多いみたいですが、
犬に話しかけると犬が言う事を聞かなくなったり、
いざと言う時に指示や命令を聞かなくなるとしたら、
それは「犬に話しかけているから」と言うよりも、
そもそもにおいて日常における飼い主さんの接し方が
犬のワガママを助長するような感じだったり、
あるいは、心配や不安から「大丈夫?」と
犬に対して声をかけ過ぎてしまったり、
何かと言うと犬の名前を呼んでばかりだったり・・
と、話しかける内容が犬の為ではなく、
自分の不安や緊張を解消する為だったりとすると、
犬も「自分の為の言葉ではない」と理解するので、
段々と飼い主さんの言葉を
聴こうとしなくなってしまう事は多いです。

また、そうして飼い主さんが先回りをしてサポートをしてあげてばかりいると、
犬も自分で困難を乗り越えて行こうとはせず、
何かあるとすぐに飼い主さんに抱っこをせがんだり
相手の犬から逃げようとしたり、
逆に吠えて遠ざけようとしたりして社会性や協調性が育たない・・
と言う事もありますから、
犬のコミュニケーションスキルを育ててあげる為にも
まずは飼い主さんが犬に対して、笑ったり、話しかけたり、
無視をしたり、怒ったり・・
と、そんな日常生活のやりとりの中から相手の事を考える事の大切さ・・
そして、相手とかかわる事の大切さについて、
考えさせて行く事は大切ではないかと思います。

また、飼い主さんの気持ちを理解して貰う為の手がかりとして、
飼い主さんが笑ったり、怒ったりとハッキリした表情をし、
表情に伴った言葉がけをしてあげる事は重要だそうです。

犬が言う事を聞かない・・
望んだような行動をしてくれなかったりすると、
いつも「しかめっ面」になってしまう飼い主さんは多いです。
また、喜怒哀楽の感情が低く、
無表情で言葉も少なめだったりすると、
犬も飼い主さんの気持ちを読み取れないので、
段々と読み取ろうとしなくなる・・
他者に対してコミュニケーションをしようとしなくなり、、
自分勝手に判断して行動してしまう事は多いですので、
犬が相手の気持ちに興味を持ち、
理解しようとしてくれるような子になって貰う為に、
まずは飼い主さんがしっかりと
自分の気持ちを表現する・・と言う事は大切だと思います。

犬と飼い主さんの関係・・
犬と犬との良好な関係において、
気持ちのやり取りや心のやり取りが
必要だと思わない飼い主さんも多いですが、
犬に上手なご挨拶の仕方を教えてあげたいと思っても、
犬が犬と「ご挨拶をしたい」と思ってくれなければダメなわけですから
コミュニケーションにおいて、
前向きな気持ちになって貰うためにも、
まずは、飼い主さんとの関係において、
楽しく・・それでいて、ルールや協調性を大切にした
関係性作りを考えてあげる事も必要ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫