吠えて待つだけの犬にさせない

 2015-05-02
03DSC01972.jpg

自己中心的で、
吠えて、暴れて、自分の欲求を押し通そうとする犬は多いです。

飼い主さんはそうした犬の行動に困り果て、
「ウチの犬はワガママで手がつけられない・・」
と、悲観してしまう方も多いですが、
実際は、そうした行動も飼い主さんがそばに居てくれるからこそ・・
ドッグカフェなどでは散々、吠えていた犬が
飼い主さんがトイレなどの理由で席を離れた瞬間、
一切、吠えなくなって飼い主さんが居なくなった方を眺めたまま、
気配を隠すかのように大人しくなってしまう・・
なんて事も多いです。

なので、どんなに犬が「ワガママ」に思えたとしても、
それは、「飼い主さんがそばに居る」と言う安心感があるからこそ・・
逆に言うと、飼い主さんが居ないと吠える事もできない・・
実はコミュニケーションに対して大きな不安を抱えている・・
と言う犬も多く、
どうして、飼い主さんが居ないと犬が吠えられなくなってしまうか?
コミュニケーションに苦手意識を持ってしまっているか?と言いますと、
それは、日常生活において、飼い主さんが
「犬が吠えるから」と犬のワガママを許してしまっているから・・
と言うケースも多く、
犬が「吠えれば周りが思い通りに動いてくれるもの」と言う、
「間違った正解」を覚えてしまったがゆえに
相手の犬に対しても「ワン、ワン」と吠えていれば、
「相手が自分に都合が良いように動いてくれる」と勘違いし、
ひたすら「吠える」と言う選択をし続ける事は多いです。

しかし、周りは思ったように動いてはくれませんので、
それにイライラしつつも不安を感じ、
「どうしたら良いか?」が分からなくて
飼い主さんが居なくなると不安になってしまう・・
と言う事も多いです。

ですから、そんな風に
「相手が自分の思い通りに動く事を待ってしまいがちな犬」に対しては、
まずは、飼い主さんが「犬が吠えたからと言って犬の要求に応えない」
と言う事は大切ですし、
飼い主さんが他の犬におやつをあげたり、
軽いスキンシップをするなどして、
「犬は怖い存在ではない」と言う事を自分の犬に見せてあげると共に、
「他の犬と仲良くなる為には自分から心を開いて平和的にアプローチをする」
と言う事を飼い主さんが、まず、実践してみせてあげる事も
犬の「間違った正解」を正す為には必要な事かもしれません? (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫