2015年4月のsideWANドッグラン会04(室内ドッグラン「ボン」さん)

 2015-04-13
x148DSC00994.jpg
そして、再びフリータイムです。

x150DSC01009.jpg
平均台にチャレンジする子や・・

x152DSC01040.jpg
ごあいさつをする子・・

x153DSC01018.jpg
みんな楽しそうです(^^)

x154DSC01085.jpg
この子達ももう、他の子に対してガウガウする事もなく・・
と言うか、その必要性を感じなくなったようで、
尻尾も上がって、落ち着いていました。

x155DSC00993.jpg
みんなの成長を感じます(^^)

x157DSC01028.jpg

x158DSC01048.jpg

x159DSC01016.jpg
ママと一緒にハードルを楽しんだり・・

x166DSC01183.jpg
平均台を頑張ったり・・

x168DSC01279.jpg
みんなそれぞれ、楽しんでいました。

x171DSC01219.jpg
トイプー君も・・

x172DSC01220.jpg
頑張っています!

x173DSC01222.jpg
この子も最初の頃は凄く緊張していましたが、
尻尾も上がり、
楽しそうな表情になってくれて良かったです。

x174DSC01236.jpg
ダックス君も頑張っていました。

x182DSC01317.jpg
でも、こうした良い経験も、
時間が経ったら忘れてしまうのではないか?
と思う飼い主さんは多いですが、
「犬と一緒に居ても怖くなかった・・」
「みんなと一緒で楽しかった・・」
と言う記憶は残りますから大丈夫です。
勿論、今まで犬に対して
「怖い」とか「苦手」と言うイメージを長く持っていれば、
そうした「固定観念」を外すのに時間がかかる事もありますが、
こうして「犬と一緒だと楽しい状況」を沢山、作ってあげるようにすれば、
今度は「犬と一緒だと楽しい」が
その子の常識になって行くと思いますので、
諦めたり、経験を避けるのではなく、
飼い主さんが犬に対して「良い環境」を提供してあげるようにするのも
良いのではないかと思います。

そんな感じで、とても楽しいドッグラン会でした。
犬の動きを観察し、座学で知識を深める・・
知識が増える事で経験の意味や重要性が増し、
経験がある事で、知識に深みや厚みが増して行く・・・

勿論、皆さん、それぞれ、暮らしや家族構成も違いますし、
「どう言う子になって貰いたいか?」も違うと思います。
だから、みんなが一直線に同じゴールを目指すのではなく、
皆さんがそれぞれ、自分なりの目的地を持ち、
無理のないペースで歩んで行くのが良いと思います。
目的地は違えど「前に向かって一緒に歩んで行く仲間」として、
次回もこうしたドッグラン会が行えたら・・と思いますし、
その時はまた、カメラを持って参加させていただきたいと思いますので
よろしくお願い致します。(^▼^)ノ
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫