教えられたかどうか?は「行動」で判断する

 2015-02-04
DSC00553_20150204205315865.jpg

犬を見ると吠えてしまう・・
犬を見ると逃げてしまう・・

そんな時、「お友達よ、ホラ、お友達でしょ?」と、
飼い主さんが一生懸命に犬の気持ちを動かそうとする事は多いですが、
どんなに飼い主さんが「こうして欲しい」と望み、
指示や命令、または、交換条件で犬の気持ちを動かそうと思っても、
それ以上に犬が「嫌だ」と思っていたら犬は動く事はありませんし、
今度は無理強いする飼い主さんに対しても、
苦手意識を抱いてしまって余計に聴く耳を
持たなくなってしまう事も多いです。

人間はつい、他者に対して「こうして欲しい」と望んでしまう事は多いです。
子供に対しても
「もっと落ち着いて欲しい」とか「もっと積極的になって欲しい」と思ったり、
旦那さんに対しても
「もっと、思いやりの気持ちを持って欲しい」
なんて願う事も多いと思いますが、
そうした事を「教えよう」と思っても
逆に相手の反感を買ってかたくなになってしまったり、
怒ったり、泣いたりして相手を動かそうと思っても、
一時的に行動が変化するだけで、
いつの間にか、同じような行動に戻ってしまう事は多いと思います。

つまり、飼い主さんがいくら「こうして欲しい」と望んだり、
「こうした方が楽しいわよ」と思っていたとしても、
犬自身が「その方が良い」と思わなければ変わりませんし、
「その方が楽しい」と気づかなければ、
いつまでも犬の行動は変わらない・・と言う事・・・

逆に言うと、犬の行動が変わった時、はじめて犬も「理解した」と言える・・
ですから、叱りで犬の気持ちを変え、行動を変えようとするのではなく、
「おやつ」や「褒め」を使って、まずは犬の行動を変える事で
認識にアプローチをしてみるのが良いのではないかと思います。

例えば、犬を見て吠えてしまう時、
おやつをあげて気持ちを反らしたり、
気持ちを切り替えたりする事で、
犬が「吠える」よりも「おやつを食べる」と言う行動ができたのなら、
犬の気持ちは「犬」から「おやつ」に切り替わっていると考えられる・・
そうした事を続けるうちに、
犬を見ると「おやつが貰えるかも?」となって犬を見ても吠えなくなるとしたら、
それは、つまり、犬に対する苦手意識や欲求の気持ちが弱まった・・
気持ちや認識が変化し始めている・・と言えると思います。

犬は人間とは違う種ですし、
言葉が通じない為、「犬の気持ちが分からない・・」とか、
「犬が理解しているのかどうか?が分からない」と言われる事も多いですが、
実際は人間同士だって、相手の気持ち・・心を見て判断しているわけではなく、
その人の表情や言葉・・行動から気持ちを推測しているだけ・・
つまり、犬の心が分からないと言うのは、
行動から気持ちを推測する「知識」や「スキル」・・
行動から気持ちを読み取ると言う「習慣」が、
まだ、身についていなかったり、分からないだけかもしれませんので、
まずは、犬の行動をよく観察してみる事からはじめたり、
行動に対するアプローチをしてみる・・と言うのも良いのではないかと思います。

犬の行動の問題に悩んだ時、
つい、「アニマルコミュニケーター」に犬の気持ちや考えを
リーディングして貰いたくなる事もあるかと思いますが、
犬の気持ちが分かったとしても、
行動を変える方法が分からなければ、いつまでもそのままですし、
リーディングをして貰っても犬の行動が変わらない・・
行動が伴わなければ、それは、つまり、犬の気持ちとすれ違いが起きていると言えますので、
必ず「行動の変化」をゴールとし、
犬の行動に対して、即座にフィードバックを返してあげつつ、
飼い主さんが行動を導いてあげて行く事が大切だと思いますし、
行動が変化する事で、犬の気持ちも少しずつ、
変化して行ってくれるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫