人も犬も忘れて当たり前

 2015-01-23
03DSC00580.jpg

081208_1.gif
「エビングハウスの忘却曲線」と言うのがあるそうで、
例えば、犬に関する本を読んだり、
セミナーに行って「へ~」と思ったとしても、
20分後には42%を忘却し、
1時間後には56%を忘却し、
1日後には74%を忘却し、
1週間後には77%を忘却するなど、
人間の脳は「覚えた」と思った瞬間から
ドンドンと忘れてしまう仕組みになっているみたいです。

勿論、これは普通の単純暗記の話だそうなので、
「凄く衝撃的だった話」など、
エピソードと関連した記憶は忘れ難いみたいですが、
あまり興味の持てない・・
老犬介護など「今の自分には、まだ必要がないかも?」と思うような話は、
それがどんなに大切な事であっても、忘れてしまう可能性が高いそうですから
忘れる前に復習を繰り返して覚える必要はあるみたいです。

復習は「記憶を定着させる」と言う理由のほかに勉強しなおす事によって、
新たな気づきを発見したり、
インターネットで検索するなどする事で、
エピソードと関連付けて覚えられる事も多いです。
これは、犬も同じで、
一回、教えただけでは犬も忘れてしまうので、
繰り返し、繰り返し、教えてあげる事が大切ですし、
特に「仔犬の頃は色々と覚えるのに成犬になると覚えられない」
と思ってしまっている飼い主さんも多いみたいですが、
犬は何歳になっても新しい事を覚える事は可能です。

とは言え、なかなか、新しい事を覚えられないのは、
それまでの古い習慣・・「先入観」や「固定観念」が強いからであり、
これは人間も同じで、
年配の方でも興味を持てる事はドンドンと覚えられますが、
逆に日常の生活習慣など「こうであるべき」が強すぎるものほど、
新しい習慣を覚えられ難い・・
受け入れられないと言う事と同じだと思います。

まぁ、逆に言うと、人も犬も「忘れる」のが当たり前ですし、
「覚えていない」と言う方が普通なのですから、
セミナーに行った時だけ集中して勉強するのではなく、
まずは、その日のうちに「復習」し、その次の日もまた「復習」をする・・
そんな風に一回目の「復習」を早めにやる事が大切みたいですし、
記憶は寝ている時に整理されて、定着して行くそうですので、
睡眠をしっかりととる事は重要みたいです。

これは、また、犬にも同じ事が言えて、
犬に分かりやすく、理解しやすい範囲で繰り返し教えてあげつつ、
ちょっとした物音で起きてしまうような浅い眠りばかりではなく、
静かで穏やかで安心して熟睡できるような
自分だけの時間や空間を作ってあげて、
そこで充分な睡眠を与えてあげる事も、
心の休息と記憶の定着に必要な事みたいです。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫