鈴乃助君とコマンドコミュニケーションをしてみる!

 2015-01-11
000DSC00075.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「鈴之助」君(2歳)です。

最近、少しずつ「コマンドコミュニケーション」をはじめてみたのですが、
今まで、何も教わっていない感じな上に、
まだまだ、落ち着きがない子供なので、
今は、コマンドと平行して「落ち着く事」も練習しています。

犬に落ち着いて欲しい時・・
ついつい、「落ち着きなさい!」と声を荒げてしまいがちですが、
「落ち着きなさい」と怒って犬が動きを止めたとしても、
それはビックリしただけで、
「落ち着く」と言う言葉の意味を理解したわけではないので、
また、しばらくすると、動きまくって
「飼い主さんが怒る→ビックリして一瞬、止まる→また、動き出す」
の繰り返しとなり、
最終的に、犬は「飼い主さんは怒ってばかり」となり、
飼い主さんは「この犬は何度、教えても理解しない」と、
誤解や気持ちのすれ違いから、
心の距離を離してしまう事もありますので注意が必要です。

・・なので、落ち着いて欲しい時は、
あえて犬が落ち着くまで黙って待つ・・
自分の行動に対し、飼い主さんが何のリアクションもしない事で、
犬の方も「アレ?」と思って、立ち止まるので、
その瞬間に褒めて、おやつを与えたりして、
「それが正解!」と教えてあげるのも良いと思います。


勿論、最初から上手くは行きませんが、
一回や二回、犬が落ち着いて座れたからと言って、
それで犬が理解した。と思うのは早計ですので、
犬が「動き回るよりも大人しく待っていた方が良い事がある」と理解するまで、
何度でも黙って待つと言う事を繰り返す事も大切だと思います。(^^)

あとは「クルン」と言う合図で一回転する動きも随分と上達しました。
「オテ」はまだ、微妙なのですが、
前足をよく出すので、偶然でも「オテ」の形ができたら、
そこを褒めて伸ばす事で正解の手助けをしてあげたいと思っています。

まぁ、まだまだ、これからですが、
コマンドの理解度が上がると共に、
少しずつ、落ち着きも出てきてくれるのではないかと思っています。(^^)


その後は「クリッカー」もやってみました!
まだ、始めたばかりなので、
「エンピツに鼻を付けられたら正解」と言う事も理解できていませんので、
エンピツを見たり、鉛筆の方を鈴乃助君に寄せたりして、
ヒントを沢山、出しています。

まぁ、最初は「関連性」・・
エンピツとオヤツとの結び付けや、
クリッカーの音とおやつとの結びつけなど、
「自分の行動」に対して「オヤツが出る」など、
良い結果と関連付けて認識して貰う事が最優先ですので、
これで良いと思っています(^^)

落ち着きはないけど意外と頭が良く、カンも良さそうですので、
すぐに色々な事を覚え、理解してくれると思います。
鈴乃助君の今後の成長が本当に楽しみです。(^▼^)ノ
カテゴリ :鈴乃助 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫