ラッキー君とボールレトリーブができたら楽しそう!

 2014-11-26
01DSC05111.jpg

「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
Mダックスの「ラッキー君」(4~5歳)です。

先日、「ボールを咥える」と言うのを
クリッカーを使ってゲーム形式で教えていると書きましたが、
ボールを床に置いたままだと、ボールに足を乗せたり、
鼻で突いたりと言う動画が抜けず、
しかもボールが低い位置にある為、
ラッキー君がボールを咥えているかどうか?の判定が難しかった為、
ボールを台の上に乗せてみる事にしました!


これにより「ボールを咥えたかどうか?」の
判定が分かりやすくなりましたし、
ボールを台の上に乗せた事で
「ボールの上に足を乗せる」と言う動作は激減しました。

まだ、少し、鼻で突く動作は残っているものの
鼻で突いてボールを落としても
正解のクリッカーは鳴らさずにボールを元に戻し、
ボールを口で咥える動作をしただけ、
クリッカーを鳴らしてオヤツを出していたら、
「ボールを咥える」と言う動作が正解だとすぐに気づき、
「台の上からボールを咥えて床に落とす」
と言う動作を行う頻度が上がってきたのは良かったと思います。

今後は、もう少しラッキー君が正解を理解したら、
ボールが乗った台を少し離れた所に置き、
「ボールを咥えて僕の所まで持って来たら正解」
と言う風にルールを変えて行きたいと思っています。

最終的には、投げたボールを咥えて持って来て貰う・・
ボールレトリーブができるようにさせてあげたいと思っていますので、
まだ、少し時間はかかるかと思いますが、
ちょっと前まで、クリッカーの音を怖がって
固まっていたような子なのですから、
ここまでクリッカーが楽しくなり、
頭を使って積極的に動いてくれるようになっただけで嬉しく思います。

クリッカーは今の所、「ボールを咥える動作」だけですが、
コミュニケーションを兼ねたコマンドは他にも
色々と教えていますので、
今後の成長が本当に楽しみです。(^▼^)ノ
カテゴリ :ラッキー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫