犬に会わせればコミュ力が上がる?

 2014-11-08
03DSC00016.jpg

「自分の犬が他の犬と仲良くできずに吠えてしまう・・」
そう言う時、「他の飼い主さんに迷惑をかけてはいけない・・」とか、
「他の人から文句を言われたくない・・」と、
ついつい、飼い主さんの方が犬を避けるようになってしまう事は多いですが、
自分の犬が他の犬と仲良くできるように・・・
自分の犬のコミュニケーションスキルを高めてあげる為には、
実際に多くの犬とかかわりを持たせてあげる事が大切だし必要だと思います。

勿論、だからと言って「犬に会わせればコミュ力がアップする」かと言うと、
そう言うわけではなく、
コミュ力が高く、相手の犬の気持ちも考えて
「怖がっているなら近づかないであげよう」と思ってくれる犬も居れば、
コミュ力が低くて相手の気持ちを考えずに自分の気持ちや
欲求のおもむくままに近づいてきて匂いを嗅ごうとしたり、
マウンティングをしようとしたりしようとする犬も多く、、
変なちょっかいを出された事で余計に犬の事が怖くなってしまう・・
自分の犬が「怖いからあっちへ行って」と吠えているのに対し、
「こっちも怖いんだよ」と吠え返されて、
お互いの不安が連鎖して大きくなってしまうようだと
犬に会わせる事が逆効果になってしまう事もありますので、
むやみにドッグランなどには行かない方が良いのではないかと思います。

ですから、最初は犬同士のコミュ力が高く、
穏やかで落ち着いていて、
相手の犬の気持ちを考えてくれるような犬に協力して貰うのが良いと思います。
そう言う犬が相手だと、最初は吠えて遠ざけようとしたり、
相手の犬を見ないように・・見られないように・・と、
飼い主さんの後ろで自分の存在を消そうとしていた犬が、
しばらくして、その犬が居ても危険な事は何もない・・
特に怖い事も起こらない・・と分かると、
少しずつ、相手の犬の事を見れるようになってくる事は多いです。。

「犬が吠える」と言うと、一般的な犬のトレーニングでは、
「要求」や「自分の方が強い」とか「自分がリーダーである」と言う主張・・
「とても悪い事」とされる事は多いですが、
吠えても、吠えても、他の犬から無視をされるし、怖い事は何も起こらない・・
と言う事を理解し、安心感を得られると、
犬は犬を見て吠えると言う事に意味を感じなくなる・・
犬を見ても吠えなくなる事は多いですから、
不安や恐怖から犬を見て吠えている場合には、
吠えたいだけ吠えさせておく・・と言う教え方の方が良い結果に結びつく事も多いです。

人間もそうですが「新しい事を学ぼう」とか「未知の事を経験しよう」とする場合、
どうしても不安や恐怖・・
新しい知識や常識に対する反発が生まれてしまう事はあると思います。

今までの知識や経験では理解できない・・
先の見えない状態に心が不安定になる・・
それは犬も同じで、犬とコミュニケーションをする機会を作った事で
最初は驚きや戸惑い・・ストレスを感じて怯えてしまう事もあるかもしれませんが、
そこであきらめずに飼い主さんが犬をサポートしてあげるようにしてあげる・・。
犬の判断や行動に対して「それで良い」とか「それは違うよ」と
フィードバックを返してあげる事で、
少しずつ、犬も不安定な状態から安定した状態へと移行して行く・・

「安定する」と言っても元に戻るのでなく、
より多くの知識や経験を得て、物事を考え、判断し、理解する「枠組み」が大きくなる・・
そうして少しずつ、色々な事に対する判断能力や問題解決能力を高めてあげる事で、
ちょっとした事では動揺し難い「心の強さ」を持たせてあげる事もできると思いますので、
良い経験を沢山、与えてあげられるような環境作りから考えてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫