オテを覚えたラッキー君

 2014-11-05
00DSC03860.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ラッキー君」です。


最近の朝の様子です。
クレートから出すと部屋の中をウロウロした後、
自分からトイレに入って排泄をしてくれるようになりました。
以前は指でトイレをうながしたりしていたのですが、
トイレの場所を覚え、
中で排泄をした方が良い事があると理解してから
行動が変化してくれたので、
「犬自身に気づかせるような教え方」って大切だな・・
とあらためて思いました(^^)

あと、室内排泄がなかなか上手にできない・・・
と言う時に、ついつい、怖い顔で犬を睨み付けたり、
「して頂戴」と”念”を送ってしまう事もあるかと思いますが、
犬が排泄をしようとしている時、
飼い主さんと目が合ってしまった事で排泄よりも遊ぼうとしてしまったり、
「出して~!出して~!」と要求してきてしまう事は多いですので、
犬が排泄に集中して貰う為にも、
室内排泄の時は犬と目を合わせない・・
飼い主さんも身体もトイレの方ではなく、、
横向きにしてトイレの方を見ずに、
目の端で犬の様子を観察すると、
犬も排泄に集中してくれる事は多いです。
勿論、排泄に成功した後は笑顔で犬を褒めて、
喜びや感謝の気持ちを伝えるようにする・・
おやつをあげるなどして
「できて当たり前」と思わないようにする事も大切だと思います。


「クルン」も以前は無駄な動きが多かったのですが、
最近は最小限の動きで周れるようになりましたし、
「オテ」を覚えてくれました!
まぁ、まだ、成功率はそれ程、高くはないのですが、
こうしたコミュニケーションを続けて行く中で
言葉と行動が一致して行く・・
僕の言葉をよく聴いてくれるようになり、
自分が何をすれば良いか?を考え、判断して正解の行動を取れるようになる・・
そうして、行動と結果が結び付けられるようになって行けば、
考える力、判断する力、行動する力が育ち、
コミュニケーションスキルや
問題解決能力の向上にもつながって行くと思います。


「8の字歩き」も随分と上達してきましたし、
その後の「クリッカー」も
「鉛筆に鼻を付けられたらクリッカーが鳴っておやつが出てくる」
と言うのをやっているのですが、
以前はクリッカーの音が怖くて、鉛筆の近くまで行けなかったものの、
今はクリック音に危険は無い・・
ルールを理解したら楽しい事だと分かってくれたようで、
考えながらクリッカーゲームを楽しんでくれています。

ちなみに「8の字歩き」が難しいと思われている飼い主さんも多いようですが、
最初から8の字で歩こうとすると難しいので、
最初は「足の間を通らせる」と言う事だけを練習するのが良いと思います。

最初は足を一歩前に出して、その間をくぐらせるようにし・・
05_20141105205730b0a.jpg

犬が股の下をくぐれたら、
今度は反対の足を一歩前に出して、
同じように股の下をくぐらせれば大丈夫だと思います。
06_20141105205729a38.jpg
もし、難しいようでしたら
「右足だけ」とか「左足だけ」と言う風に
片方の足だけをくぐらせる事に専念し、
その動きをマスターできたら、今度は反対の足・・
続いて交互に・・とやって行くのが良いのではないかと思います。

07DSC03812.jpg
甘えん坊のラッキー君ですが、
ステキな里親さんとの出会いが訪れる事を願っています。(^▼^)ノ
カテゴリ :ラッキー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫