良い行動は自然に身につけさせてあげる

 2014-10-09
91DSC00175.jpg

お散歩中、犬が近寄ってくると犬が抱っこを求めてくるので
すぐに抱き上げて助けてしまう・・

でも、そうした事を繰り返すうちに、、、
犬は自分で頑張ろうとはしなくなってしまう事もありますので注意が必要です。

勿論、本当に困っていて、
どうしようもないほど犬が怯えているのなら助けてあげるべきですが、
回避する事ばかりで「犬と仲良くしよう」とか、
「コミュニケーションをしてみよう」とすら思わなくなってしまっているとしたら、
いくら犬同士のコミュニケーションを願っても自発的な行動はしない・・
「する必要はない」と思っている事もありますので、
ドッグトレーナーさんの協力などを得つつ、
犬のキャパを超えない範囲であえて犬達の中に居れて
頑張らせて見る事も必要ではないかと思います。

発達障害を持った子どもの中には、
こちらから質問をすれば返事はしてくれるけど、
自発的に喋る事が殆どないと言う子も居るそうです。
そうした子供にコミュニケーションを教えたい場合はどうするか?と言いますと、
あえて子供の欲しい物を手の届かない場所に置いて、
子供が「ちょっと困ったな」と思うような状況を作る事で
子供からの自発的な言葉を引き出す事もあるそうです。

勿論、それに対してしっかりと大人が対応し、
自発的な行動に対して良い結果で終わらせるようにしてあげる事により、
子供は少しずつ自分の気持ちを伝えるようになってくれるようになるそうですから
「可哀想」と思わずに犬が自発的に行動しなければならない環境を作りつつ、
飼い主さんがしっかりとその頑張りが良い結果に終われるようにしてあげる・・
「自発的に考えたり、行動すると良い事がある」と繰り返し教えてあげる事で、、
犬の自発性も育って行くのではないかと思います。

そんな風に人も犬も「良い結果」になる行動はドンドンとするようになり、
「悪い結果」になる行動は段々としなくなって行くそうです。
ですから、ルールや我慢、コミュニケーションに関する事は良い結果で終われるようにし、
ワガママや攻撃的な行動に対しては「良い事は何も起こらない」か、
あるいは「悪い結果」で終わらせる事でによって、
そうした行動を減らして行く事もできると思います。

そうした考え方や教え方を「応用行動分析学」と言って、
様々な分野で実際に使われており、
我々が「机に向かって黙って授業を受けられるようになった」のも、
学校に通ったから自然にそうなったわけではなく、
先生から褒められたり、興味深いお話が聴けたりと、
少しずつ椅子に座って
静かに授業を受ける事が「楽しい」と感じるように導かれてきたからだと思います。

まぁ、それがあまりにも自然で・・
導かれている事すら気づかなかった為、
自分が教える立場になった時、
そうした先生達の苦労や年月の重みも忘れて
「教わる側は黙って聞くのが当たり前」と思ってしまったり、
「犬が飼い主の言う事を聞くのは当たり前」と考え、
犬を叱るばかりで飼い主さんの言う事を聞きたくなるような・・・
犬の興味を引くような工夫や努力を
していない事の方が多いのではないかと思います。

「よその犬は飼い主さんの言う事をよく聞き、
 きちんと言う事を聞いている」と言うような姿を見ると
あの犬はきっと最初からそうだった・・とか、
あの犬はお利口さんだからそう言う事ができている・・
と思ってしまいがちですが、
実は長い時間をかけて少しずつ犬に教えている事は多いですので、
結果だけを見て真似しようとするのではなく、
その過程を真似するようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫