自己満足で終わらないように気をつける

 2014-09-24
01x11DSC00206.jpg

飼い主さんが犬の名前を呼んでも
犬は飼い主さんの事を見ようともせず、
聞こえないフリをする・・

ゴハンやオヤツ、お散歩の時は走ってやってくるのに、
それ以外の時間は好き勝手に過ごし、
飼い主さんのそばに寄ってこない・・

と言うような態度を犬がする場合、
「犬が悪い」と言うよりは飼い主さんの愛情が犬に伝わっていない・・
飼い主さんは愛情を与えているつもりだけれど、
犬は飼い主さんの愛情を実感として受け取れていなかったり、
逆に迷惑をしている・・と言う事は意外と多かったりします。

犬の事を愛しているし、色々と考えている・・
でも、具体的に何をしてあげたら良いのかが分からない・・
と言う事は、別に犬に限った事ではなく、
泣いている女性を前にして、
どうしたら良いのかが分からずに立ちすくんでしまう男性や
生まれたばかりの赤ちゃんを前にどう接したら良いかが分からず、
つい、見ているだけになってしまって、
女性から「愛情を感じられない」と怒られてしまうパパさん・・など、
考え過ぎてしまうあまり、かえって動けなくなってしまう場合も多いと思います。

しかし、「態度で示す」と言っても、
愛情表現が遠まわり過ぎて犬に伝わっていなかったり、
自分の「楽しい」と思う事は犬も楽しいと思ってしまう事もあり、
例えば、週末になると必ず犬をドッグランに連れて行ってあげるけど、
飼い主さんは犬をドッグランに連れて行っているだけで、
実際に犬と遊び、楽しませてくれているのは他所の犬・・
それでは「一緒に居て楽しい」と思えるのは飼い主さんではなく他所の犬になってしまい、
ドッグランから帰ろうと思って犬を呼んでも帰ってこない・・
犬を捕まえようと思っても捕まえられない・・と言う事は多いですし、
綺麗なお洋服や高価なアクセサリーを犬に買ってあげて飼い主さんは満足そうだけど、
実はそれは飼い主さんが喜ぶ事で犬はちっとも嬉しそうじゃない・・と言う事も・・・

特に女性は犬への愛情として、
「美」や「健康」・・「食」について考えてあげる事は多いと思います。

高価なお洋服を着せ、
トリミングに連れて行って犬をいつも綺麗にし、
身体に良い食べ物を与え、
ワクチンやアレルギーについて考える・・

勿論、そうした事はとても大切だと思いますが、
高価なお洋服を着せて見た目は綺麗だけれど、
犬はうんざり顔で暗い顔をしていたり、
食に気をつけてはいるけれど、
逆に食にしか興味を示さない犬になってしまっていたり・・・
犬の健康を考え過ぎて飼い主さんが不安になり、
ちょっとした事ですぐに動揺してしまうので、
犬も不安になって精神面で不健康になってしまったり・・・

自分の興味のある事や心配事を犬に押し付けてしまってはいないか?
飼い主さんの自己満足で終わらないようにする為にはどうしたら良いかと言うと、
犬の表情をよく見てあげ、
物質的な満足度よりも精神的な満足度を考えてあげるのが良いと思います。

犬と一緒に遊んであげたり、
犬の身体を撫でつつ「可愛いね」とか「大好きだよ」と言ってあげるなど、
コミュニケーションやスキンシップの機会を
沢山、持ってあげるようにするの良いと思います。

毎日、犬と一緒に暮らしていると、
犬と自分との境界線があいまいになってしまう事はあるかもしれません?
でも、自分がして貰って嬉しい事と犬がして貰って嬉しい事は違う事も多いですので、
自分は楽しいと思っている事でも犬が嫌がったり怖がったりしていないか?
と考えてあげたりと、犬自身が愛情を実感できるような
スキンシップやコミュニケーションを心がけてあげるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫