犬が理解できるかどうか?

 2014-09-11
DSC00245.jpg

きちんとしたブリーダーの所で産まれた犬は頭が良く、
そうではない犬は頭が悪くて言う事を聴かない・・
と思っている飼い主さんは意外と多いのかもしれません?

まぁ、人間の場合でも、
優秀な人は優秀な家系から産まれ、
犯罪を犯す人は犯罪を犯す家系から産まれる・・
なんて言う風に
「人間の優劣は遺伝子によって決まる」
と考える人は多い気がしますが、
実際は、親を含めた環境の影響・・
教育やモラルに対する考え方・・
経済状況などの影響が強く
今は「環境と遺伝の両方が関っている」
と考えられているそうです。

子犬の頃は無邪気で素直で可愛かったのが、
1歳、近くになると急に吠えたり言う事を聴かなくなった・・
一般的には「反抗期」と言われる事が多いですが、
「反抗期」と言う言葉は
飼い主さん視点が強すぎる感じがするので、
「犬の自我が目覚めてきた時期」とか
「犬が自分で考え、歩き出し始めた時期」と考えた方が、
飼い主さんとしても腹が立たず、
大きな心で見守る事ができるのではないかと思います。

犬も年齢と経験を重ねる事で、
少しずつ、相手の気持ちや行動の意味を考え、
理解してくれるようになって行きますが、
仔犬の頃はまだ、他者の気持ちが理解できず、
自分本位な考えや行動になりがち・・・
「反抗」とか「ワガママ」と言う前に、
「理解力がまだ、そこまで育っていない」
と言う場合もありますので、
叱る前にまず、
犬が理解できているか?
理解できる内容かどうか?
を考えてあげないと、
で叱っても犬を萎縮させるだけ意味が無い・・
と言う事もありますので注意が必要です。

ちなみに2歳から4歳までの人間の子供を対象にした実験で、
子供が好きなお菓子を置き
「ママはこれからお手紙を書くけど、
 書き終わるまでガマンできたらあげるね」
と子供と約束をした所・・
3歳の75%、4歳の全ての子供が
母親が手紙を書き終えるまで待つ事ができたそうですが、
2歳児の80%はお菓子に手を出そうとしたり、
泣き喚いたり、母親が手紙を書くのを邪魔したりしたそうですので、
例え、母親との間に信頼関係ができていたとしても、
母親の行動の意図がよく分からない為に不安になり、
言われたとおりに行動ができない。と言う事もありますので、
大人の視点や思考、常識で考えるのではなく、
理解できそうな事とできない事をしっかりと理解してあげる・・
「お友達でしょ」とか「仲良くしなきゃダメでしょ」と、
犬が理解できない事を言っておいて、
「なんでできないの?」と感情的になるのではなく、
犬の成長の度合いに合わせて、
教え方と教える内容を変えてあげるのが
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫