RX100を持ってお散歩へ

 2014-09-01
01DSC09209.jpg
今日は朝から雨が降っていたのですが、
お昼前に少し太陽が見えてきたので、
近くの公園までお散歩に行ってみました!(^^)

02DSC09220.jpg
今回はソニーのコンパクトデジタルカメラ
「DSC-RX100」の試写もしてみようと思っています。

03DSC09240.jpg
「絞り優先モード」にして、
F1.8で露出補正は+07EVです。
コンデジにしては背景がよくボケています。

04DSC09244.jpg
こちらはF3.2にして露出補正は同じく+07EVです。
先ほどよりも背景のボケが弱くなりました。

06DSC09231.jpg
F5.6です。
背景のボケは弱くなりましたが、
手前のお花がキッチリ写っています。

F値は数字が少ない程、背景がよくボケて
数字が多い程、背景がボケずに全体をしっかりと写す事が
できるようになるそうです。
なんとなく背景がボケた写真の方が良さそうですが、
実は絞った方が・・
F値を大きくした方が画質は良くなるそうです。
ただ、F値を上げすぎるのも
画質を落としてしまう事になるそうなので、
RX100の場合はF3.2~5.6にするのが良い・・
とネットで見たような気がします(^^)

まぁ、「絞り優先モード」にしてF値を大きくすると、
シャッタースピードが遅くなって、
手ブレや被写体ブレを起こしてしまう可能性が高くなる為、
動き回る犬の撮影の場合は難しいですけどね・・

09DSC09251.jpg
F5.6で撮影しましたが、
露出補正が+0.7のままなので
白っぽくなっちゃいました(笑)
設定をイジると写真に変化がつけられて楽しいですが、
設定を戻さないまま、
そのまま撮影を続けてしまって後で大変な事に・・
と言う経験を何度もしてきたので、
今は一度、設定を戻してから撮影するように心がけています(^^)
11DSC09267.jpg
昔はオートで撮ってましたけど、
オートは逆に失敗写真も多い為、
今は「シャッタスピード優先モード」で撮る事が多いです。

12DSC09274.jpg
まぁ、「シャッタスピード優先モード」にすると、
ISO感度が上がってしまいがちですが、
それでもブレブレ写真ばかり・・と言う事はなくなりましたし、
昔と比べてISO感度が上がっても
ノイズを気にする事は少なくなりましたので、
高いカメラは基本スペックが高く
僕みたいなテキトーに撮ってる人ほど
良いカメラを買った方が失敗写真は減らせそうです(笑)

一時期、ミラーレス一眼を使っていましたが、
ミラーレス一眼は小さいと言っても
ポケットから出したり入れたりするのは大変ですし、
ミラーレス一眼はレンズを変えないと接写ができず、
ズームレンズを付ければ携帯性に欠け、
短焦点レンズにすると遠くの物が撮れないし近くのものも撮れない・・
と言う感じ・・・
その点、RX100は普通のコンデジサイズだし、
接写もズーム撮影も可能・・
撮像素子も1インチなので、普通のコンデジよりも写りは良いですし、
ミラーレス一眼が一眼とコンデジの間なら、
RX100はミラーレス一眼とコンデジの間か、
ミラーレス一眼に近いコンデジと言った感じなような気がします。
まぁ、個人的にはサブカメラは突出した何かよりも
万能性を求めていたので、その点では僕の使用用途には
とてもピッタリだと思いました(^^)
カテゴリ :お買い物レビュー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫