お店の中でも少しずつ落ち着きが出来てたシュガーちゃん

 2014-08-05
01DSC05902.jpg
夕方からは
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
チワワの「シュガーちゃん」(推定2歳 女の子)を連れて
「sideWAN」さんへ・・

02DSC00033.jpg
今日は「アニマルプロテクション」さんの卒業犬が
お店に来てくださりました。

03DSC00076.jpg
この子もアニプロさんの卒業犬だそうです。

04DSC05881.jpg
シュガーちゃんとご挨拶!

06DSC05794.jpg
シュガーちゃんも今、
犬同士のコミュニケーションの練習中です。

07DSC05909.jpg
犬に対して「コミュニケーションの仕方」を
言葉で教える事はできませんから、犬同士の中で
実際にコミュニケーションをする中で学んで貰います。

08DSC06038.jpg
ただし、犬に「その気がない」場合、
いくらお店に来ても、犬はそこから何かを学ぼうとは思いませんので、
犬同士のコミュニケーションが楽しいと思えるように・・
コミュニケーションに対して積極的になって貰えるようになる為にはまず、
飼い主さんとの暮らしの中で、
犬と一緒に遊んだりするなど、
「他者とのコミュニケーションは楽しい」と
犬が感じてくれていないと、
他者とのコミュニケーションを
しようと思わない事も多いように感じます。


沢山の犬の中に自分から入って行ったシュガーちゃんですが、
しばらくすると、僕の所へ戻り、
また、しばらくすると、犬の所へ行くと言うのを繰り返していました。
これは多分、冒険してみたかったけど、途中で怖くなってしまった・・
僕のそばへ来ておやつを貰ったりして「安心感」を得ると、
今度は不安よりも冒険したいと言う気持ちの方が勝り、冒険に行ってくる・・
と言う感じだと思いますが、
まぁ、シュガーちゃんの場合、
他の子が名前を呼ばれたので「おやつが貰えるかも?」と、
犬の名前を呼んだ飼い主さんの所へ行っているだけ・・
と言う気もします(笑)
それでも、人間は怖い存在では無く、
美味しいおやつをくれる存在・・
と思って貰えるようになってくれた事は本当に良かったと思います。


シュガーちゃんが頑張っています。
犬同士が遊びを喧嘩と思ったのか?
それとも、自分が怖くて嫌だっただけなのか?
一応、止めに入ってはいますが、
相手の子の方が一枚、上手で
シュガーちゃんの吠えに対して
「だったら遊んでよ!」と逆にアピールされてしまい、
ちょっと困ってしまっています(笑)
でも、「吠えても自分の思うようにならない」
と言う事を理解する為には良い経験だと思いますので、
犬同士の係わり合いの中から
色々な事を学んで行って欲しいと思います(^^)

11DSC05982.jpg
そんな感じで、犬同士の中で
思い通りにならない事も多いシュガーちゃんですが、
そうした経験が逆に心のキャパを広げてくれたのか、
最初にお店に来たばかりの頃と比べると、
随分と表情から余裕を感じるようになりました。

13DSC06149.jpg
ダップー君とご挨拶(^^)

14dsc06120.jpg
その後、仔犬のシュナ君が来て下さりました。

15DSC06180.jpg
最初にお店に来たばかりの頃は、
何も分からずに固まっていたり、
吠えてばかりいた子犬のシュナ君ですが、
徐々に犬に対するワガママな行動が目立つようになり、
それを改善する為に、飼い主さんのご家庭の中で
「ルール」や「我慢」を教えるようにして貰った所・・・


他の子と遊べるようになりました!(^^)
遊びを成立させる為には、お互いにルールや我慢が必要です。
自分勝手な遊びばかりを要求すれば、
相手に嫌われてしまいますし、
自分の気持ちを抑え、
相手の気持ちや行動を受け入れる気持ちも必要です。
ですから、シュナ君が遊べるようになったのは、
飼い主さんが家庭の中で、
そうした事を教えてあげた結果だと思いますが、
シュナ君が来たのが7月の始めの月曜日ですから、

↑最初にお店に来たばかりの頃です。
仔犬とは言え、約一ヶ月でここまでの変化や成長を
見せてくれるなんて凄いと思いますし、
今後が本当に楽しみです。(^▼^)ノ
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫