4日目のシュガーちゃん

 2014-07-24
01DSC04099.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
チワワの「シュガーちゃん(推定2歳 女の子)」です。

02DSC04060.jpg
身体を擦り寄らせてきたり、
お腹を見せたりと
甘えた姿を見せてくれます。

この写真だけを見ると、とても可愛らしく・・
無邪気で何の問題もなさそうですが、
シュガーちゃんの場合、
こうした姿は「不安」から来ているように感じます・・


シュガーちゃんは室内排泄を苦手としているみたいで、
室内排泄を促すと、途端に表情が暗くなり、
しゃがみこんで動かなくなってしまいます。
これは、過去にシュガーちゃんを捨てた飼い主から
トイレ以外の場所で排泄をした時に激しく叱られてしまったから・・
トイレの習慣がまだ、身についていないうちから怖い思いをした事で
「トイレ以外の場所で排泄をしてはいけない」と思うのではなく、
「排泄をすると怒られる」と思ってしまい、
室内で排泄する事を怖がるようになってしまったのではないかと考えられます。

また、シュガーちゃんの表情や動きを見ると、
シュガーちゃんを捨てた飼い主から
随分と叱られて育ってきたのではないか?と感じられる事が多いです。
それが人に媚びを売るような動き・・
面白い動きで人間の気を引こうとする動きをさせているのではないかと思いますが、
そんな風に犬は時々、わざと変な動きをして
人間を喜ばせようとする事があります。
それがシュガーちゃんのように自分を守る為の行動だったり、
寂しさや不安・・愛情を求めての行動だとしたら、
愛情や安心を沢山、与えてあげ、
「そんな事をしなくても大丈夫だよ」と教えてあげるのが
良いのではないかと思います。

また、シュガーちゃんは自分の足を噛んだり、
転がったりと、ストレスのような行動を見せますが、
よく見ると、そうした行動をする前や行動の後に
「チラッ!」とこちらを向く事が多いです。
これも、こうした行動をすると、シュガーちゃんを捨てた飼い主が笑ったり、
撫でてくれたりと何かしらのメリットがあったからだと思います。

普通なら、こうした行動は、
自己主張や自分の我を通す為から行う事が多いのですが、
シュガーちゃんの場合、
「叱られないために」と言う感じがします。
また、こうした行動は「問題行動」とされると思いますが、
「問題行動」と言っても、それは飼い主さん側の視点であり、
犬からしてみればそこにメリットがあるから行う事がほとんどです。
逆に「問題行動をしないからウチの犬は良い子」だと思っていると、
実際は人間に興味を失い、
問題行動を起こしてまで飼い主さんの関心を引きたいと思わない・・
など、行動的には問題を起こさないけど、
実は「心に大きな問題を抱えている」と言う事も多いですので、
犬を行動だけで判断するのは注意だと思います。

犬の心は簡単なようで複雑です・・・
楽しそうに一人で遊んでいるようで、
実は寂しいからオモチャで一人遊びをしていたり、
飼い主さんに甘えてきているようで、
実際は大きな不安を抱えているから、
少しでも和らげようと寄り添ってきている・・
と言う事も多かったりします。

ですから、表情やボディランゲージなどから
犬の気持ちを推測してあげる事は大切だと思いますが、
言葉で通じ合える人間同士だって、
相手の言葉から気持ちを推し量ったりするのが苦手だったり、
相手の表情やボディランゲージの読み取りが苦手だったり、
逆に自分の気持ちを表現する事が苦手だったりする事は多いと思います。

では、そうした場合、どうしたら良いか?と言いますと、
人間の場合は、親や教師が、子供同士の遊びをサポートしてあげたり、
相手に気持ちを伝える方法や相手の気持ちの読み取り方などを
具体的に教えてあげつつ、
実際に対人関係の場を作り、関係を積み重ねて行く事によって、
コミュニケーションのスキルを育てて行くそうですから、
飼い主さんと犬の場合もコミュニケーションを大切にしつつ、
犬の気持ちの読み取りができ、
犬に飼い主さんの気持ちを伝える方法を教えてくれるような
ドッグトレーナーさんにサポートして貰う・・
具体的にどうやって犬の気持ちを読み取れば良いのか?
具体的にどうやって犬に気持ちを伝えたら良いのか?を教えて貰うのが、
犬と飼い主さんの関係に誤解やすれ違いを減らし、
犬とのより良い暮らしに結びついて行くのではないかと思います。

06DSC04122.jpg
そんな感じで、まずはシュガーちゃんとの関係性の構築・・
「関係性の土台作り」を一緒にやって行きたいと思います! (^▼^)ノ
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫