犬が理解するまで何度でも教え、待ってあげる

 2014-02-21
01P2200065.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「きなこ」ちゃんです。

02P2210081_20140221221926f4a.jpg
最初は人間に興味が無く、
呼んでもこない・・
こちらを見ようともしない・・
と言う感じだったのですが、
昨日辺りからずいぶんと甘えてきてくれるようになり、
名前の反応も良くなってきてくれました(^^)

犬を迎えたばかり・・
特に辛い経験をしてきたと思われる保護犬を迎えたりすると、
「少しでも早く安心させてあげたい」とか
「少しでも早く仲良くなりたい」と、
つい、沢山、かまってあげたくなってしまいますが、
犬も初めての場所、初めての人間に緊張している事も多く、
そうして、無理に距離をつめようとすると、
逆に恐怖心を与えてしまう事もありますので注意が必要です。

ですから、うちでは、
最初はなるべく放っておいてあげるようにしています。
でも、そうして放っておく事で、逆に犬も安心するのか、
しばらくするときなこちゃんのように自分から
「ここはどう言う場所なんだろう?」とか
「この人は安心できる人なんだろうか?」
と興味を持って近寄ってきてくれる事は多いです。

でも、そうして犬との心の距離が少し近づいたと言っても、
犬が新しい環境に慣れるまで・・
新しいルールを理解するまでには時間がかかる事は多いです

でも、「教えたのにトイレ以外の場所で排泄をする」とか
「叱っても叱っても犬を見ると吠える」など、
なかなか犬が言う事を聞いてくれないと
「生意気」とか「反抗している」と、
「犬の悪意」に捉えてしまう事もあったりしますが、
そうではなく、単に飼い主さんの言っている事が分からないだけ・・
「どうしたら良いのか?」と言う正解を
理解していないからな事は多いです。

特に「あれはダメ」とか「それはダメ」と
飼い主さんが叱っているばかりで褒めて正解を教えていない・・
「トイレはここでしょ」とか「吠えたらダメでしょ」と、
言葉でしか犬に教える事ができなかったりすると、
犬も「どうしたら良いか?」が分かりませんので、
言葉に頼らない・・
「非言語コミュニケーション」について考えてみるのも
良いのではないかと思います。

何も知らない仔犬と比べると、
成犬の保護犬は間違った知識を持っていたり、
問題行動に対して間違った自信を持っていたりする事は多く、
正解の知識を教える前に間違った知識や自信に対して
「間違いだよ」と教えてあげる必要があったりしますが、
それでも、人間との暮らしてきた子達なので、
基本的なルールを理解していたり、
人間との上手な関わり方を理解していたりする事は多いですし、
トイレのしつけができていたり、
我慢や協調性を理解していたりと、
全て1から教えなければならない仔犬を育てるよりも
意外と楽な事は多かったりします。


04P2210133.jpg
きなこちゃんの場合も
上手に甘えつつ自分の我も通そうとするなど、
人間との距離感が分かっている感じですし、
しばらくは新しい環境で落ち着かないと思いますが、
段々とうちのルールや生活スタイルを理解してくれるようになったら
より楽しい暮らしになると思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :きなこ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫