積極性が出てきたアイシャちゃん

 2014-02-12
01P2110986.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「アイシャ」ちゃんです。

02P2100840.jpg
アイシャちゃんはあまりお散歩に行ってなかったのか、
お外に慣れていない感じだったので、
普段は刺激の少ない夜にお散歩をしているのですが、
最近は随分とお外にも慣れてきてくれたみたいです(^^)

外に慣れていないと、つい、慣れさせようと
犬や人・・刺激の多い場所を長時間、
歩かせてしまう事もあるかもしれませんが、
人間だって、対人恐怖症なのに
最初から人の多い所に連れて行かれたら
余計に対人恐怖症が悪化してしまうと思いますので、
まずは刺激の少ない夜の時間に、
コースを決め手歩くようにしていました。

いつも決まったコースなので、
アイシャちゃんも少しずつ安心して歩けるようになって行きましたし、
少しずつ匂い嗅ぎをしたり、僕から離れて先を歩いたりと、
積極性が出て、楽しそうに歩いてくれるようになりました(^^)
03P2100844.jpg
犬を迎えたばかり頃は、
つい、楽しくて色々と連れまわしてしまいがちですが、
新しい環境で不安を感じている犬の事を考えると、
少しずつ新しい環境に慣れて行って貰う・・
と言う方が良いのかもしれませんね?


それから、室内では「ボールレトリーブ」ができるようになりました!
もともと、おもちゃには興味がある子だったので、
それ程、難しくは無かったのですが、
素早い動きにも機敏に反応しますし、
結構、お外でフリスビーなどもできるようになるかもしれません?(^^)

あと、教えてはいないのですが、
最近、自分でクレートの扉を開けて入れるようになりました(笑)

震災の時の事も考えて「クレートトレーニング」をしています。
まぁ、「クレート」と言うと
「犬を閉じ込めて可哀想」と思う方も多いですが、
「閉じ込めて我慢をさせる場所」にするか、
「犬が安心して休める場所」にするかは
飼い主さんの教え方次第ではないかと思います。

また、クレートを否定する方の中には、
犬を閉じ込めて最低限のお世話しかしない
ネグレクト的な用途としてクレートを使う飼い主の話を持ち出して
「だからクレートをダメ」と主張されたりもしますが、
それはちょっと違うのではないかと思います。

「散歩中、引っ張り癖のある犬だと首が絞まって苦しいから首輪はダメ」とか、
「胴輪にすると犬が引っ張りやすくなるから胴輪はダメ」とか、
つい、人間は道具のせいにしてしまいがちですが、
道具は所詮、道具・・
良いか悪いかは使い方次第だと思います。

犬が引っ張るとか引っ張って苦しそうなら
引っ張らないように教えてあげれば良いと思いますし、
クレートに犬が入りたがらないのなら、
「クレートの中は楽しい場所」と思わせてあげるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :アイシャ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫