どうしたら良いか?を教えてあげる

 2014-02-08
01P2080324.jpg
昨日の夜の段階では、
「本当に雪なんて降るの?」と言う感じでしたが、
朝になったら物凄い雪だったので、
オリンパスのコンパクトデジカメ「XZ-1」を持って
1人でお散歩をしてきました。

「アートフィルター」の「ドラマチックトーン」で撮ると
本当にドラマチックに撮れるんだけどちょっと不安になる感じ・・・
普通はこんな風です(笑)
02P2080307.jpg

03P2080455.jpg
雪で何もできないので、
コタツに入って借りてきたレンタルDVDを見ていました。
昨日の夜は大雪予報の影響か、
スーパーに行っても食材が殆ど無かったりしたのですが、
実はレンタルビデオ店も凄く混んでました。
みんな考える事は同じですね(笑)

04P2050021.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「アイシャ」ちゃんです。
最近、少しずつ感情のコントロールが上手になってきて、
情動的な行動が減ってきました。
ーとは言っても、無理やり我慢をさせると言う事ではありません。

犬が吠えたり暴れたりと感情的な行動を見せると、
「このままではいけない」と、つい、叱ったり、厳しいしつけをして、
犬の感情や行動を抑え付けてしまう事は多いと思いますが、
そうして、犬の感情に蓋をする事で、
一時的には静かで大人しくなるかもしれませんが、
それは犬が仕方なく我慢しているだけ・・
我慢をさせればさせる程、イライラやモヤモヤの気持ちは強くなりますし、
しかも、それを表に出してはいけないと言われたら、
いつか、気持ちが爆発して叱っても犬を抑えられなくなったり、
ストレスで自分の前足を舐め続ける・・
などのストレスサインを出すようになってしまう事もありますので
注意が必要です。

ですから、犬の気持ちに蓋をして抑えこむのではなく、
「どうしたら良いか?」を教えてあげるのが良いと思います。

正解の行動を教えてあげる事で
犬の考えや気持ちを正しい方向に導いてあげる・・
ウチの場合は、
言いたい事や伝えたい事がある場合は、
オスワリをして静かに待っていられたら「正解」としています。
オスワリをして静かに待っていられたら、
犬が何を望んでいるのかを考えて応えてあげる・・

オヤツが欲しかったらおやつをあげますが、
服従訓練を教わったりしていると、
こうして、犬の要求に対して応えてしまうと、
「犬に動かされた事になる」と考え、
折角、犬が良い行動をしても無視をする・・
犬が積極的に良い行動をしたにも関わらず、
あらためて「オスワリ」などの指示や命令をして、
犬が指示や命令を聞けたらおやつを与えるなど、
指示や命令の癖が抜けない飼い主さんも意外と多いです。

でも、犬に動かされていたとしても、
それで犬が良い行動をするならそれで良いと思いますし、
それを分かった上でおやつを与えているのなら、
犬に動かされている事にはならないと思います。

そもそも、どっちが上とか下とか、
そうした形にこだわっていると、
犬の心に目を向けられなくなってしまう事もありますし、
犬も飼い主さんに対して興味を失ってしまい、
犬に期待されなくなってしまう事もありますので注意が必要です。

まぁ、でも、犬が飼い主さんに対して吠えたり噛んだりするのは、
飼い主さんに気持ちを伝えたいからだと思いますので、
ある意味で良い事だと思います。
ただ、その伝える方法が分かっていないだけ・・
小さい子供も言葉で表現するのが未熟で、うまく言葉で伝えられなと、
ライラして、つい、友達や母親を叩いてしまう事は多いみたいです。
大人だって、犬に対してどうして正解を教えたら良いかがわからないと、、
イライラして、つい、犬を叩いてしまう・・
と言う事もあると思います。

逆に言うと、犬も吠えたり噛んだりしないと
飼い主さんが気持ちに気づいてくれないから
吠えたり噛んだりしている・・と言う事もあると思います。
ですから、吠えたり噛んだりする以外の方法を教えてあげる・・
そして、その行動を犬がしたら、
きちんと気持ちに応えてあげる事が大切だと思います。
そうじゃないと、犬もまた気づいてもらえないと思って、
吠えたり噛んだりするようになってしまいますからね。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫