「オテ」ができるようになったリロイ君

 2013-12-12
01P1120628.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「リロイ」君です。


少しずつ、お手入れの練習をしています(^^)
最初は仰向けになるのも怖がっていましたが、
おやつを与えつつ、少しずつ練習をしたら、
随分と大丈夫になってきてくれました。

爪切りもやらせてくれますし、
足裏の毛を切るバリカンの音も意外と平気です。
音に対して過敏な子はバリカンの音に慣らすのが大変ですが、
犬がどうして音に対してそこまで過敏になってしまったのか?と言うと、
過去に「天罰法」をやっていたから・・と言う事は結構、多いです。

まぁ、急に空き缶などを投げつけられて怖い思いをし続ければ、
家の中が安心できる場所にならないと思いますし、
音に対して過敏になるのは当然だと思いますから、
個人的には「天罰法」は止めた方が良いと思います。


あと「ハウス」と言うコマンドで
ハウスに入るようになってくれました。
まぁ、もともとハウスに入る事には慣れていましたが、
コマンドで入るのは嫌がっていたので、少し前進した感じです。
こちらも今後も続けて行きたいと思います(^^)


それから、「オテ」ができるようになりました!
まぁ、まだまだですけど、
「オテ」と言われた時にどう言う行動をすれば良いのか?
は分かってきてくれたみたいです。

この辺はクリッカーをやっていた影響もあると思いますが、
リロイ君が自分でも正解の行動を考えてくれるので、
正解に辿り着くまで・・
正解に気づくまでが早い気がします。

ちなみに最初から完璧な動きを目指すのでは無く、
「飛びつき」も正解にしています。
まずは正解をおおまかにし、
その後、少しずつ正解の範囲を縮め、
正確な動きを目指して行く感じです。

叱りなどマイナスの言葉を使わなくても、
正解にはおやつを一つ・・
大正解にはおやつを3つ・・とするだけで、
犬も「どうやったら沢山おやつが貰えるだろう?」と考えるので、
プラスの接し方だけで犬に正解を教える事も可能です(^^)。

そんな感じで色々な事を覚え中のリロイ君・・
今後の成長が楽しみです。(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫