家族以外の存在との共感体験を大事にする

 2013-10-29
01P1090950.jpg
月曜日の夜は「sideWAN」さんへ・・・

02P1090961.jpg
お店に来ていた子とごあいさつなどをしつつ、
様子をうかがっています。

03P1090968.jpg
でも、警戒している様子はなく、
色々なものに興味があるのだと思います。
ーと言う事でおやつなどをあげてみたり・・

04P1090969.jpg
パク!
他の犬が近くに居ても
落ち着いて食べる事ができました。

05P1100094.jpg
今日も大賑わいです(^^)

06P1100247.jpg
新人さんです。
とても良い子でした。

07P1100301.jpg
この子も初めて会ったのですが、
凄く良い子でした。

08P1100344.jpg
実はこの子と会うのは2回目だったのですが、
以前と比べて表情が随分と穏やかになっていたので気づきませんでした。
短期間でここまで犬は変わるんですよね~
飼い主さんの頑張りを感じます。

10P1100184.jpg
楽しそうに遊んでいます。
でも、実は最近になって「sideWAN」さんの中でも
世代交代が行われています。

11P1100225.jpg
今まで「sideWAN」さんの「遊び隊長」と言えば、
ノーフォークテリアの男の子だったのですが・・

12P1100189.jpg
最近はトイプー君達が頑張っています。
ーとは言っても、それは悪い事では無くて「成長の証」・・
いつまでも、仔犬と同レベルで遊んでいる・・
と言うのもちょっと違うかもしれませんから、
きちんとバトンタッチができて良かったと思います(^^)

ちなみに「パピー教室」だと子犬ばかりの集まりになってしまう事が多いみたいですが、
ここは、様々な年齢の犬が集まるので年下の子は年上の子の動きを見て学び、
年上の子は年下の子のお世話をする事で
寛容さや自信を養う事ができているように感じます。

13P1100237.jpg
ちなみに人間の子どもの「自主性」や「独立心」、
「知的好奇心」を重視した教育法に「モンテッソーリ教育法」と言うのがあるそうですが、
「sideWAN」さんでも様々な犬種・・様々な年齢の犬が集まり、
その子達が集中できるような「環境」は整えてあげますが、
あとは、飼い主さん達が自分の犬の様子を「観察」するものの、
指示や命令は控えて貰って、犬の「自発性」を重んじ、
犬の「知的好奇心」が刺激されて自分で歩き出したら、
飼い主さんは「背景」となって犬の「自主性」を重視して貰うようにしています。

14P1100038.jpg
人間の子供の「幼児教育」と言うと、
絵画教室に行ったり、音楽やダンスを習わせたり、
英語を習わせたりと「受験の為のモノ」と言う感覚が強く、
犬の教育に対しても
「何かをさせなければ」
「何かを教えなければ」
と言う気持ちが強くなってしまいがちですが、
実はその前の段階・・
「好奇心」や「感受性」を育てる事がとても大切であり、
その為には、犬を沢山、褒めて、愛して、
犬が自分自身の事を好きになる・・
自分に自信を持てるようにしてあげる事が重要みたいです。

15P1100101.jpg
16P1100179.jpg
「好奇心」と「感受性」が育まれた犬は、
好奇心と優れた感受性をベースにして色々な事に興味を持ち、
それを吸収する事ができますので、
「好奇心」や「感受性」を伸ばす事を重視した方が
結果的にはとても聡明で気質の優しい子に育つのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫