最近のすももちゃん

 2013-10-15
01P1080655.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「すもも」ちゃんです。

ウチに来て3日目の時は、
新しい暮らしに対するイライラが出ていましたが、
4日目にはおさまって、その後は安定しています。
多少、自分の思い通りにならない部分もあるとは思いますが、
すももちゃんなりにウチでの暮らしを受け入れてくれたのだと思います。

02P1080633.jpg
すももちゃんは、お腹を見せての抱っこが苦手なようなので、
少しずつ練習しています。
ーとは言っても「ホールドスチール」のように、
犬が嫌がったからと言って叱ったりはせず、
ちょっとでもできたら褒めておやつをあげると言う感じで本当に少しずつ・・
10秒とか30秒ずつでもできる時間を延ばして行くような感じで練習しています(^^)

「しつけ」と「ダイエット」は似ているような気がします。
頑張って短期間で結果を出し、あとはそれを持続させるか?
無理の無い範囲で少しずつ結果を出して行くか・・

そう考えると「服従訓練」は、
ダイエット法で言うと「絶食ダイエット」みたいな感じかもしれません?
厳しいしつけをし、犬の思考や行動を制限をする事で
短期間で結果を出す事ができますが、
ストレスやリバウンド(犬の反抗)も大きいのが問題です。
「叱らないしつけ」はダイエット法で言うと
「カロリーを少し減らす」と言うような「無理の無いダイエット」に近いと思います。
少しずつ時間をかけて・・・は、犬への負担やストレスが少ない反面、
問題行動がなかなかおさまらない・・など、
飼い主さんに対する忍耐と努力が求められる事も多いと思われます。

しかし、「絶食ダイエット」と「ゆるゆるダイエット」のどちらが良いか?と言うと、
結局は、「カロリーをどうやって消費するか?」の違いでしかなく、
どちらも続かなくて止めてしまう人が多い・・
と言うのも、しつけとダイエットの似ている所だと思います。
03P1080642.jpg
ただ、「ダイエット」は自分で頑張って苦しむものですが、
「しつけ」は犬だけに頑張らせたり、
無理をさせてしまう事は多いですので、
ダイエットが健康面に注意するように、
しつけも犬の心と身体の健康を損なわないように
してあげる事が大切だと思います。

04P1080674.jpg
10月だと言うのに、
夏のように暑くなったので、
すももちゃんは涼しい場所を探して休んでいます。

05P1080679.jpg
すももちゃん・・近所の人から「かわいい」と人気です(^^)

06P1080748.jpg
上から見たすももちゃん・・

07P1080750.jpg
その場所は快適みたいです。


ちなみに「すももちゃん」の朝の様子です。
ウチは一頭ずつ、順番にお世話をしていますので、
先住犬の排泄が済んでから「すももちゃん」の番です。

クレートから出たすももちゃんは水を飲んだ後、
僕に朝のご挨拶に来てくれました。
一通り、甘えさせてあげた後、
トイレでの排泄をうながすと、
自分から歩いて行って排泄をしてくれます(^^)

これも3日目までは、なかなか、うまく行きませんでしたが、
4日目から急に素直になってくれました。
でも、しっかりとすももちゃんの判断と行動に対し、
褒めておやつを与えていたのが伝わったのだと思います。

「犬が言う事を聞かない・・」と言う飼い主さんのお話を聞いてみると、
叱ってはいるけど、褒めてはいないと言う事は多いみたいです。
「褒める」と言うと「犬に媚を売る事になる」と思ったり、
「おやつを与える」と言うと、
「おやつは見せて犬を動かす」と考えてしまう飼い主さんも多いですが、
「指示」や「命令」、「おやつで釣る」と言う事では無く、
「それをしてくれると僕は(私は)嬉しい」
「それをしてくれて「ありがとう」」と言う感謝の意味で
おやつを与えるような気持ちを持つ事が大切みたいです。

「育ててやっている犬に感謝したり、
 どうして「ありがとう」なんて言わなくちゃいけないの?」
と考える飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、
犬は飼い主さんの所有物ではありません・・
自分で考え、判断し、感情や意思を持つ存在ですから、
飼い主さんが犬に言う事を聞かせているようで、
実際は犬が協力してくれているから
言う事を聞いてくれているのだと考えるのが正しいのかもしれません?

相手の意思や気持ちを尊重するから犬からも尊重が返ってくる・・
「信頼関係」はそうした中から生まれてくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫