犬を沢山、見る事の大切さ

 2013-08-13

昨日の「sideWAN」さんの様子です(^^)
一杯、犬が居ますがみんなフレンドリー

おやつが貰えないかな?と移動したり、
お互いの匂いを嗅いだりしていますが、
自己中心的な行動をして喧嘩にならないよう、
上手にセルフコントロールしています。

意外なのは、一頭の子が吠えた時に、
それに釣られて吠える子が居なかった事・・
これだけ犬が多いと、ちょっとした事をきっかけに
「ワンワンワン!」と大合唱になったり、
血を見るような喧嘩になりそうなものですが、
みんな尻尾を振ってスルーできていたのは凄いと思います。

動画を見て貰うと分かると思いますが、
マーブル君以外はリードをつけていません。
これは「sideWAN」さんのスタイルが、
飼い主さんが考えてリードで犬を制御するのではなく、
犬自身に考えさせ、選択させ、行動させるスタイルだからです。
(マーブル君はまだ、基礎を学び中だったのですが、
 そろそろ、卒業かな?)

犬自身が考え、「吠えない方が良い」と理解すれば犬は吠えません。
(考えた結果、吠える事にメリットを見出す事はありますが)
さらに、吠えない事で、みんなから褒められ、
おやつが貰えたりすると、その選択と行動にもっと自信を持つ事ができ、
より吠えなくなる・・良い行動が増えて行く・・と言う事は多いです(^^)

最近は本などでも写真付きで
犬と犬とのコミュニケーションの仕方・・
行動の意味などが解説されるようになりましたが、
これだけ多くの犬が居たりすると、
犬同士の関係性も複雑になりがちです・・・
この動画などを見ても、、

「どうして、こうして、そうなったのか?」が分かりにくいと思いますから、
犬を知る為に本を読んだりセミナーに行ったりと、
知識を集める事も大切だと思いますが、
実際の犬を沢山、見る事も同じぐらい大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫